Music's Gonna Set Me Free...
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
10月3日からいよいよNapsterが日本での配信サーヴィスを開始しました。行われているサーヴィスは

Basic(月ごとの定額払いで無制限にPCに楽曲をダウンロード可能)
To GoBasicのサーヴィスに加え対応プレイヤーにも楽曲を転送可能)
a la carte(1曲もしくはアルバム単位で楽曲を購入。このサーヴィスのみ楽曲をCDバーニング可能)

の3つで、今回僕はタワーレコードの店頭で配布されていた「Napster To Go」の14日間フリー・トライアル・チケットを入手し、早速アプリケーションをインストールしてアプリケーションの使い勝手や配信されている楽曲内容などを調べてみました。

同時に配布されていたフライヤーにもわざわざ「iPodには非対応」と明記していることからもわかるように、徹底してiTunes Storeとの対決姿勢を打ち出していますが、それを端的に象徴するのがiTunes不参加組のSony BMGWarnerというメジャー2社の参加。ソニーなんてウォークマンがNapster To Go非対応であるにもかかわらず。しかしそのソニーはアラカルトには非対応であり、「どうしてもiPodで聴きたければCD買え」という最後の執念?を見せています。一方、アラカルトにも対応しているワーナーは日本の他の配信サーヴィスでは洋楽でも1曲210円という高額をふっかけており、それがiTunes不参加の理由でもあるわけですが、今回Napsterが「1曲210円でやらせてくれなきゃ参加しねーぞ」という条件をのんでまでワーナーの参加を取り付けたあたり、どうしてもiTunesに対してのアドヴァンテージを作りたかったのでしょう。

僕はパソコンで音楽は全く聴かない上、既にiPodのヘヴィ・ユーザーであるため、わざわざ新たに対応プレイヤー買ってまで聴き放題しようという気は起こらず、おそらくはiTunesにない楽曲をアラカルトで買って、それらを一旦CDに落としてからiPodに放り込むという面倒臭い方法のためにNapsterを利用することになりそうです。アプリケーションの検索機能はiTunesより使い勝手は良いですね。

僕の主食であるメタル系の品揃えについてですが、現在iTunes不参加のRoadrunnerが参加しているのは大きいですね。僕が調べた現時点でNapsterに参入している主なメタル・レーベルは

Black Lotus
Blackend ○
Candlelight
Crash Music
Eagle Rock ○
Frontiers
Locomotive Music
Megaforce
Metal Blade
Napalm
Nuclear Blast
Prosthetic
Roadrunner ○
Trustkill ○
Victory ○

iTunes不参加)

といったあたりですが、iTunesにも参加しているレーベルでもNapsterではカタログを微妙に変えていたりするので厄介なところです。iTunes派の僕としてはEaracheSPVRelapseが今のところiTunesのみの参加というのがアドヴァンテージといえるでしょう。いずれにしても、Napsterの開始によりダウンロードで聴くことになるであろう曲がさらに増えることは確実です。外付けハードディスクとCD-Rのストックが欠かせなくなりそうです。
今日夕方にTVを見ていたらこんなニュースが。

サントリーは20日、電通を介して東京・渋谷区から、現在改築中の「渋谷公会堂」の命名権(ネーミングライツ)を取得したと発表した。ロックの殿堂“渋公”が10月1日から、サントリーの清涼飲料水「C・C・Lemon(レモン)」の名を冠した「渋谷C・C・Lemonホール」として運営される。契約金額は年間8000万円で期間は5年間。


野球の「スカイマークスタジアム」やサッカーの「味の素スタジアム」、このリンク先記事の「サロンパスルーブル丸の内」はまだ百歩譲って許せるとしても、このセンスの無さはなんとかならないものでしょうか。仮にもあのロックの殿堂ですよ。憧れの武道館を目指してバンドを結成し、これまでは「やっと渋公まで辿りついたぜ...」と感慨に浸るところが、これからは(少なくとも5年間は)
「やっとCCレモンホールまで辿りついたぜ...」
となるわけで、これではあまりにも格好つかないし、思わず脱力モノでしょう。それに、既にスタンダードとして認知されているCCレモンを今更ネーミング・ライツでアピールしたところでさほどメリットは無さそうな気もするのですが、いかがなものでしょうか。僕も昔何度か渋公に足を運んだことはありますが(最後に行ったのは確か'97年のJUDAS PRIEST来日公演のはず)、そんな思い出の場所がいきなりCCレモンホールに名前が変わってしまうのは複雑な気分です。誰か止める人はいなかったのでしょうか。

これがまかり通るなら「渋谷ポリデントホール」とか「ブルーレットおくだけスタジアム」なんてのもアリになってしまうわけで、今後のネーミング・ライツのあり方をも左右することになりそうで怖いですね。
Yahoo!を見ていたら何か気になったこのニュース。リンク切れしてしまうといけないので記事の全文も引用します。

ブリーフからダイヤ666個=2300万円相当、運び屋を逮捕-ブラジル

 【サンパウロ1日時事】ブラジル連邦警察はこのほど、アマゾン奥地のロンドリナ州ピメンタブエノで、違法に採取されたダイヤモンドの運び屋を逮捕するとともに、はいていたブリーフの中から666個ものダイヤモンド原石を押収した。ロイター通信によると、ダイヤの価値は20万ドル(約2300万円)相当。
 地元紙によると、容疑者の男は七月30日未明、先住民保護区域で採掘したダイヤを車で運ぶ途中、幹線道路で警察の検問に引っ掛かった。挙動が不審だったため身体検査をしたところ、ブリーフの内側に粘着テープで張り付けられた多数のダイヤが見つかったという。警察は背後に大掛かりな密売組織があるとみて、男を追及している。 


ブリーフの中に入れるという事件の内容もさることながら、普通2300万円相当だけ書けばいいところに、わざわざ666個と強調しているあたり、この記事書いた人はメタルヘッドなのでしょうか。そして、もし意図的にこの数だけ盗んだとしたら、犯人もメタルヘッドで、背後の密売組織はインナー・サークルみたいにサタンの名の下に犯行に及んだのか?666個という数字で妙にイマジネーションが膨らんでしまう今回の事件でした。Hail Satan!
From MUSICLIFE v2
例の“のまネコ問題”で渦中の人となったmove・木村貴志氏が久々に自身のblogを更新しました。ご本人の「転載は控えてほしい」というコメントがあるため詳細はリンク先をご覧いただきたいと思いますが、あいも変わらず壮絶な決意が見えるかのような熱い文章。今回も必読です。

そんな中、このエントリーへのトラックバックを見ている途中、これまた凄まじいものを発見しました。shelterさん経由で発見したものですが、AVEXを象徴する存在である浜崎あゆみについてまとめたblogがとんでもなく凄い。思わず言葉を失うことは必至です。必見!
ozone.jpg

From MUSICLIFE v2

現在日本で大ヒットしているO-ZONE「恋のマイアヒ」のジャケットに使用されている通称“のまネコ”が「2ちゃんねる」の有名なアスキーアートをパクったのではないかという疑惑について、発売元のAVEXに所属するmove(BURRN!の前田氏のフェイヴァリットとしてもおなじみですね)の中心人物である木村貴志氏が自身のblog上で思い切ったAVEX批判を展開しますが、これに対してAVEX側が木村氏に圧力をかけたところ、木村氏はそれに屈するばかりか、なんとその圧力自体についても言及したのです。木村氏の勇気ある行動に、既に多くの方々から賞賛の声が寄せられていることは言うまでもないでしょう。詳細はこちらのblogで詳しく解説されています。
[「自由」の為に闘う人々と「自由」の意味を履き違えた会社。]の続きを読む
nano_hand_product.jpg

From Apple

昨日発表され、即日発売開始となった噂のiPod nanoですが、正直いってここまでコンパクトになるとは思ってもみませんでした。これだけの薄さを実現しながら、スペックはiPod mini以上ですからね。というわけで、一気に存在価値が薄くなったminiは即刻製造中止になりましたが、これは賢明な選択でしょう。ついでに言うと、iPod shuffleも存在価値は薄くなったような気がしますが、ランダム再生というコンセプトはやはり譲れないのでしょう。ライバル会社が続々携帯デジタル音楽プレイヤーを投入する中、やはりアップルは器が違う、というところをまざまざと見せ付けてくれました。

既にハイエンド・モデルの60GB版を所有している僕にとっても、ブラック・ボディのヤツは思わず欲しいと思ってしまいました。それだけの魅力を与えてしまうところも、またアップルの凄さですね。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。