Music's Gonna Set Me Free...
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
bthrough.jpg

2006年最初の新譜レビュー作品は、メタルコアの聖地オレンジ・カウンティ出身の女性キーボーディストを擁する6人組の3作目です。今月号のBURRN!誌でロードランナー・ジャパンの担当氏がTrustkillレーベルのイチ押しとして挙げていますが、残念ながら今のB!誌の状況ではどう頑張っても80点以上はもらえそうにないのが目に見えています。ホントに何とかならんもんでしょうか。

このバンドのデビュー作が出たのはまだメタルコアという言葉が生まれる前で、この時はもっとシンフォニック・ブラック・メタル色が強かったのですが、次作でシンフォニックなキーボードを活かしつつ、よりメタルコアのド真ん中というべきスタイルに焦点を絞ってきました。今作もその路線をより深化させたもので、ブレイクダウンやサビでのノーマル・ヴォイスなど、メタルコアの王道的要素は満載ですが、前述のキーボードがこれまで以上に効果的に用いられ、単なる雰囲気作りの役割にとどまらない仕事ぶりを見せています。楽曲面でも突撃デスラッシュ・チューンをメインに据えつつも、ノーマル・ヴォイスのみで切々と歌い上げるメランコリックなパワー・バラード"Line In The Sand"やラストに収められたタイトル・トラックとなるムーディーなインストを演れるようになったあたりに、バンドの着実な成長とメタルコア黎明期のバンドならではのプライドが感じられます。ただ、そのクリーン・ヴォイスがいかにもメタルコアなありきたりな声質なのと、リード・ギターがあまり前面に出ていないのが個人的にはマイナスではありますが、今作でバンドが1段上のステージに上がったことは確かです。

スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://episode666.blog21.fc2.com/tb.php/97-618bd1ac
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
新参者です♪お手柔らかにお願いネ!分からなくって今日の出来事なんだけど...
2006/01/07(土) 21:25:27 | 初めての日記
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。