Music's Gonna Set Me Free...
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
united9.jpg

日本スラッシュ界の重鎮、UNITEDはデビュー作「BLOODY BUT UNBOWED」からフォローしていましたが、特に前ヴォーカリストの湯浅正俊の加入以降は若手のハードコア/メタル・バンドと積極的に交流を図りながらも、自身の音楽にはヘヴィネスや攻撃性の増強という形でのみ反映させ、あくまでもスラッシュ・メタルという基本線は断固として崩さない姿勢を大いにリスペクトしています。

世界レヴェルの力量を備えた湯浅の脱退は確かに痛く、バンド側もそれを痛感していたのか、後任探しおよび新作の制作には相当な時間がかかってしまいましたが、新たに元DEFAMENOB(Vo)と元VACUUMAKIRA(Ds)を迎え、3年というブランクの間に膨れ上がった期待に十二分に応える強力な1枚を引っ提げて還ってきました。なんといってもNOBのヴォーカル。よくぞ探した!といえる湯浅にも負けず劣らずの咆哮を全編で炸裂させ、それに引っ張られるような形でバンド・サウンドもさらにブルータルに深化しています。アレンジ面でも無駄な装飾を省き、徹頭徹尾ストレートなサウンドを貫いており、スラッシュらしいスラッシュを全編で堪能できます。実はさり気無くテクニカルなプレイも織り交ぜてはいますが、それ以上に怒涛の勢いのほうが印象に残ります。今だからこそこのアルバムと共に、一度は挑戦しながらも果たせなかった海外進出を実現させてほしい。そう願わずにはいられません。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://episode666.blog21.fc2.com/tb.php/85-c166e587
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。