Music's Gonna Set Me Free...
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
pestilencedoct.jpg

RATING: 8/10

オランダのスラッシュ/デス・メタル・バンドによる2年ぶりの復活第2弾となる6作目。現在OBSCURAにも参加しているイェロエン・ポール・テセリング(B)が復帰し、解散前のラスト作「Spheres」のメンツの3/4が揃った形となりました。

一気にデス・メタルへと振り切れた前作「Resurrection Macabre」のスタイルを引き継ぎつつも暴力性は幾分抑えられ、前作でも一部感じられたジャズ・ロック的なインタープレイが増量されたこともあり、前作を通過した上で「Spheres」のスタイルに再度挑戦しようという意思が窺えます。前作にはトニー・チョイが参加していましたが、今回テセリングが復帰したからこそこのスタイルでやってみようということなのでしょうか。というわけでヴォーカル・スタイルも前作のグロウル中心からエグい吐き声に戻されていますが、これがまた強烈。人生捨てたかのような変態ヴォイスにヴィブラートまで掛けるもんだから気色悪さがさらに倍増。知的な演奏と知性ゼロのヴォーカルとのコントラストがより鮮明に描き出され、ともすればやや地味になりかねないサウンドに強いインパクトを与えています。

 
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://episode666.blog21.fc2.com/tb.php/601-d65f2461
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。