Music's Gonna Set Me Free...
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
今日8月31日、凍死場EMIっていう会社がWMA形式でのみリッピング可能とした新たなCCCD、通称“セキュアCD”を遂に市場に投入しました。

今回セキュアCDとしてリリースされた作品はTHE ROLLING STONES新作「A BIGGER BANG」とシングル「Streets Of Love」GORILLAZ「DEMON DAYS」スペシャル・プライス盤の3作品。早速、今日店頭で実際の商品を手にとって見てみました。

レコード会社のHP上でアナウンスされた

購入時に情報を提供するために、該当商品には外装裏面に「パソコンでのご使用には制約があります」と表示しております。購入時にご参照ください。



というインフォメーションはCD帯の裏面に確かに小さく記載されていますが、肝心のCDケースにはCCCDであることを示す記載は一切なし。(9/2追記:ケースには書かれていました。すみません)「セキュアCD」という文字もどこにも書かれていません。

これは以前のCCCDに比べて相当タチが悪い。
輸入盤のCCCDでさえちゃんとCCCDであることを目立つように表記しているのに、凍死場EMIっていう会社はこの有様。CCCDは売れないということを自覚した上での確信犯的行為であることは間違いないでしょう。

また、これは日本だけではありませんが、CCCDでリリースするのは先のSTONESの他(新作は本日よりiTMSJでも配信開始)、今後出るのはポール・マッカートニー、IRON MAIDENライヴ盤(発売延期になったのはわざわざセキュアCDに仕様変更するためだったんですね)などのビッグ・ネームばかり。あぁホントにムカつく。凍死場EMIっていう会社が改めて腐りきった会社であることがよくわかりました。
僕はセキュアCDなんていうCCCDも死んでも買いません。たとえタダでもらったとしても封を開けずに速攻で売り飛ばします。皆さんも気をつけましょう。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://episode666.blog21.fc2.com/tb.php/6-b2a33de4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。