Music's Gonna Set Me Free...
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
gary.jpg

朝起きて何気なくBLABBERMOUTHをチェックしていたらふと飛び込んできた"ANGER AS ART Frontman On GARY MOORE's Death"という一文に思わず“えっ!?”と自分の目を疑い、そこから更に降りていくと今度は"THIN LIZZY Members Comment On GARY MOORE's Passing"の文字が。冗談だろ?と思いつつ更に下に降りていくと、BBCが「ゲイリー・ムーアが2月6日、スペインのホテルで死亡した。享年58歳」と報じた記事を見つけました。そしてオフィシャル・サイトでもゲイリーの死が公式に報告され、それが事実であることを受け入れなければならなくなりました。昨年のロニー・ジェイムズ・ディオや先日のフィル・ケネモアと違い、ここまでそのような気配など全く無かっただけに、近年やはり突如世を去ったザ・レヴ、ミーカ・テンクラやポール・グレイなどとも違った意味での大きなショックを受けました。

正直なところ僕はゲイリーの熱烈なファンというわけではありませんでしたが、それでも「Wild Frontier」は大好きなアルバムでよく聴いていましたし、SKID ROWCOLOSSEUM IITHIN LIZZYといったあたりから80年代のHR/HM期は勿論のこと、90年代以降のブルース期や一時のテクノロジー導入期に至るまで、振り返ってみるとゲイリーのキャリアはなんとなく一通りフォローしていた気がします。僕をそうさせたのも、どんな音楽性であろうとも常に熱いギターを聴かせてくれたからだと思います。そして、ある意味時代に流されていた70~80年代の音楽性から一転してブルースに転向して以降、周囲に何を言われようとも我が道を貫き続けた頑固一徹な姿勢も僕はリスペクトしていました。現在僕は地方在住で仕事もあり観に行けませんでしたが、僕がロックを聴くようになってから初めて日本にやって来た昨年の来日公演は今となっては本当に奇跡だったといえるかもしれません。その時はブルース・セットでしたが、そこで予告していたロック・セットでの来日が永遠に幻に終わってしまったのが本当に残念でなりません。これまで頑なに演奏することを拒んでいた80年代の曲を近年積極的にプレイしていたことで、ゲイリーが自身のキャリアを総括する時期に入りつつあることを示唆していましたが、まさか“その時”がこんな形で訪れてしまうとは...もし仮にブルースを演り続けていたとしても、58歳ならまだまだこれからといえる年齢だけに...。

Rest In Peace, Gary Moore...
コメント
この記事へのコメント
昨年の来日時に
「次はケルティック・ロックのアルバムを作る」
と言っていたと思いますが、
あれも総括の一つだったのかもしれません。

ミュージシャンにも必ず終わりはやってくるわけで、
その中で自身の過去と向き合うのはごく自然な流れと言えますが、
ついそんなことを考えてしまうほどに時代は進んでしまったんだなぁ、
と思う今日この頃です。
クラシック・ロック勢の最後の輝きを真摯に見届けようという思いがさらに強くなりました。
2011/02/08(火) 23:07 | URL | chaos666 #-[ 編集]
総括…

考えさせられる言葉でした

ゲイリーが本当にやりたかったものは何だったのか?
-80年代の曲を近年積極的にプレイ-のくだりが、苦しく感じます
頑なにブルーズ一本でやっていたほうが彼は幸せだったのかもしれません

個人的には彼のブルーズは受けいる事はでき無かったですけどね

あの世でフィルやコージーと一緒にビッグバンド組んでる事を祈って…
2011/02/08(火) 03:06 | URL | sanctuary #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://episode666.blog21.fc2.com/tb.php/589-0da640c1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。