Music's Gonna Set Me Free...
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
hamase.jpg

RATING: 9/10

2010年の私的ベスト・アルバム選で"Honorable Mentions"に選出した、日本のジャズ・ベーシストによる20年ぶり(!)の新作ということですが、この人については今作を店頭で見かけるまで全く知りませんでした。しかし“21世紀型マンドライヴ・テクノ・ジャズ”というキャッチに引かれて試聴したところ、その凄まじさにブッ飛んでしまった1枚です。

基本はツイン・ベース(濱瀬がフレットレス・ベースによるリード、もう一人がリズム的な役割)にドラム、シンセサイザーというユニークな編成で、全7曲中4曲で菊地成孔(Sax)が参加するという形をとっており、フリー・ジャズをベースとしながらもそこにSQUAREPUSHERAPHEX TWINAUTECHREあたりから影響されたと思しきエレクトロニカの要素を大々的に取り入れた、おおよそジャズというタームから想像されるスタイリッシュなイメージなど皆無の凄まじく暴力的なサウンドを展開していきます。曲によってはジャズのイディオムから逸脱した暗黒ヘヴィ・プログ(判り易く言えば「太陽と戦慄」期のKING CRIMSONあたりをもっと暴力的にしたような感じか)に通じる場面もあり、その手の音を好むリスナーにもアピールし得るものも感じられます。

全体的な質感は上記のエレクトロニカ系に通じるひたすら硬質なものですが、ウルトラ・ヘヴィなバスドラにアタックの強いスネアで疾走感を生み出すドラム、高速フィンガリングとスラッピングでボトムを支えつつ、時に猛烈なオブリガードを入れて周囲を煽るリズム・ベース、時にアンビエント、時にノイジーな音色で不穏な空気を醸すシンセによる無慈悲なまでに荒れ狂った音の中で、濱瀬が蠢くような音色でインプロヴィゼーションを繰り広げる(そこにサックスが絡んでさらにアヴァンギャルドになっていく)サウンドはフィジカルな躍動感に溢れ、生演奏ならではの緊迫感にひたすら引き込まれて離れられなくなる、途轍もない求心力を備えたアルバムといえるでしょう。ちなみに今作はタイトルの通りライヴ録音で、シーケンサーの類は一切使っていないらしいですが、曲が終わって拍手が聞こえるまでライヴだとは判らないほどの正確無比な演奏。これは生で観たらもっと凄いと感じられることでしょう。またリーダーの濱瀬氏は現在58歳。この歳にしてこれだけのアグレッシヴな感性を持っているというのが素晴らしいですね。

 
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://episode666.blog21.fc2.com/tb.php/587-db89ac5d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。