Music's Gonna Set Me Free...
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
さて、ここから3日間にわたって私的年間ベストを発表します。まずは再発編からです。例年同様、選出基準は再発が熱望されていたものは勿論、ボートラなどの付加価値をつけたもの、入手困難だったものを優先し、以前から再発されていた作品の単なる紙ジャケ化や高音質CD化は外しています。なお、今年から順位はカウントダウン形式で発表することとしました。

Deepest-Purple.jpg
10. DEEP PURPLE "Deepest Purple (30th Anniversary Edition)"
ベスト・アルバムがデラックス・エディション化されるというありえなさに感銘を受けて10位に選出。オリジナルに第1期と第4期の楽曲を追加した他、秘蔵映像も含むDVDをプラスし、音と映像の両面からPURPLEの魅力をコンパクトに味わえます。

facesooh.jpg
09. FACES "Ooh La La"
変形ギミック・ジャケットを見事再現してみせた、最も紙ジャケ化が熱望されていた作品ですが、思ったほど売れ行きが鈍かったのは値段が高かったから?

sanctuary.jpg
08. SANCTUARY "Refuge Denied/Into The Mirror Black"
今年再結成を果たしたパワー・メタル・バンドの2作品をカップリングしてリマスター再発。長いこと廃盤が続いていただけに、この再発はまさしく快挙。

hpinconcert.jpg
07. HUMBLE PIE "In Concert"
73年の来日公演の直前に行われたライヴのラジオ放送用音源を収めたもの。このライブ自体を収めたものはタイトル、フォーマット違いでいくつも出ていましたが、いずれもオリジナル通りではなかったため、こうして完全版としてSHM-CD化されたのは嬉しい限りです。

thunderbehindcloseddoors.jpg
06. THUNDER "Behind Closed Doors (Expanded Edition)"
名曲"River Of Pain"を含む3作目にシングルB面曲や"In A Broken Dream"等のカヴァー曲を追加してリマスター再発。EMIは今年本作の他BBCセッションの6枚組ボックスもリリースし、THUNDERをクラシック・ロックとして後世に語り継ぐ動きをみせていますが、これは彼らをリアルタイムでサポートできなかったことに対する罪滅ぼしとしか思えないのは僕だけでしょうか。

MilesDavis_BitchesBrew_LegacyEdition.jpg
05. MILES DAVIS "Bitches Brew (Legacy Edition)"
エレクトリック・マイルスの最重要作品の発売40周年記念盤。目玉は日本盤および限定スペシャル・ボックスのみに収められた未発表ライヴCD。オープニングの"Directions"の混沌と緊迫感は完全にジャズ・ロックとしか言いようがありません。世に出てくれて本当によかったです。

lizzyvagabonds.jpg
04. THIN LIZZY "Vagabonds Of The Western World (Deluxe Edition)"
ずっと発売が予定されながら延期が続いていたDecca時代の3作が遂に再発。その中でも白眉はやはり2枚組でボーナスを大量追加した3作目。ゲイリー・ムーアが一瞬だけ在籍した時期のテイクもあり、資料価値も十分。

bsmob.jpg
03. BLACK SABBATH "Mob Rules (Deluxe Edition)"
超限定だった"Live At Hammersmith Odeon"をボーナスで追加した。本作の価値はこれに尽きるでしょう。SABBATHではこの後"Seventh Star""The Eternal Idol"もデラックス化。来年には"Dehumanizer"もデラックス化されますが、やはりトニー・マーティン時代の作品も早いところ再発してほしいところです。

Cowboys_From_Hell_Pantera.jpg
02. PANTERA "Cowboys From Hell (20th Anniversary Edition)"
シングル、EP収録のライヴ、未発表曲も含むデモ・ヴァージョンを追加した3枚組再発盤。リマスターで音の切れ味と圧力が増し、再発盤としての魅力はずば抜けています。今後リリース予定の「俗悪」と「脳殺」のリマスターにも期待が持てる仕上がりとなりました。

softs8.gif
01. SOFT MACHINE "Bundles"
個人的には最も再発を待っていた作品。プログレ時代のアラン・ホールズワースのベスト・プレイといえる熱演を存分に満喫できる至高の1枚。初期のカンタベリー系からは遠くかけ離れたフュージョン・スタイルになりましたが、これはこれで全然アリといえる名作ですね。

(Honorable Mentions)
JIMI HENDRIX "Valleys Of Neptune"
KING CRIMSON "In The Wake Of Poseidon (40th Anniversary Edition)"
MATS/MORGAN BAND "Music Or The Money?"
PAUL McCARTNEY & WINGS "Band On The Run (Deluxe Edition)"
SAD CAFE "Misplaced Ideals"
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://episode666.blog21.fc2.com/tb.php/579-537b2942
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。