Music's Gonna Set Me Free...
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
From mike portnoy.com

家に帰ってきてネットをチェックしていたら、何やら騒然とした雰囲気になっていたため、それを調べていくと衝撃のニュースが...マイク・ポートノイが自身のサイトでDREAM THEATERを脱退することを表明したというニュースでした。声明の要点はこんな感じになります。

「近年HAIL!TRANSATRANTICAVENGED SEVENFOLD等と共にプレイするという素晴らしい体験をして、最近他のプロジェクトと個人的な関係を持つことがDREAM THEATERにいる時よりも楽しいと思えるようになった。でも誤解しないでほしい。俺はDTのヤツらが大好きだし、彼らとは長い歴史、友情、信じられないほどに深い絆がある。ただ、俺達は真剣に少し休みをとる必要があると思っただけなんだ」

DTは俺の子供のようなもので、俺はずっとその面倒をみてきたし、1985年から起きている間ずっとDTの終わることのない責任から離れた時はなかった」

「約20年間休みなしで働き続けてきて、DTの仕事が俺を燃え尽きさせ始めた。このため俺はバンドから離れて休息をとる必要があると考えるようになり、バンドもそれに同意してくれるだろうと願っていた。しかし話をしたら、彼らは俺の気持ちを共有してくれず、休みをとるぐらいなら俺抜きでバンドを続けようと決めてしまった」


音楽的な面とは関係のない理由で脱退、という結論に至ってしまったのは本当に悲しいし、残念だとしか言いようがありません。少し休んでリフレッシュしたいポートノイと、常に前進し続けたい残りのメンバー双方の気持ちは理解できますが、何よりもポートノイはDTを結成した人物であり、常に音楽的なイニシアティヴを握っていた存在だったわけで、個人的には(他の多くの方もそう思われているでしょうが...)ポートノイ抜きのDTというのは正直なところ考えたくない気持ちもあります。もう少し何らかの接点を見いだせないものだったのでしょうか。そのDTオフィシャル・サイト上で、2011年1月より新作のレコーディングを開始し、その後ワールド・ツアーを行う予定であることを発表しています。果たしてその時に誰がドラムを叩くことになるのかはまだわかりませんが、いずれにせよDTが新たな局面を迎えることになるのは間違いないでしょう。今はそれを待つしかありません。勿論、ポートノイのその後も...。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://episode666.blog21.fc2.com/tb.php/563-ddaf64ec
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。