Music's Gonna Set Me Free...
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
schizo3.jpg

RATING: 8/10

NECRODEATHBULLDOZERと並ぶイタリアのカルト・スラッシュ・バンドによる再結成第2弾となる3年ぶりの通算3作目。前作に参加していたベーシストが脱退し、遂にオリジナル・メンバーはギター1人のみとなりましたが、音楽性は'88年の1st「Main Frame Collapse」から何ら変わることのない('94年のEPではインダストリアルに接近したようですが僕は未聴)、ブラスト・ビート主体で無軌道に暴走するグラインド・コアとスラッシュ・メタルのクロスオーヴァー的なサウンドに狂気じみたシャウトが乗るもので、オーヴァーダブを極力抑えたシンプルでシャープな音作りもあって、その音像からは「引きこもりが突如発狂してナイフを持って繁華街の中で暴れ回っている」かのような危険さが伝わってきます。MySpaceに載っているヴォーカルの写真も危険ですが、ギターがやけに普通の人なのがまた怖い。これらもさることながら、これほどのヴェテランが依然として初期衝動をキープし続けているというのが驚嘆すべき事実でしょう。いかにもヴェテラン・バンドといった洗練とは勿論一切無縁、さらには近年の若手バンドの勢いとも距離を置いた、SCHIZOという名前に偽りなしの発狂スラッシュはまさしく唯一無二。最近ではめっきり少なくなってしまった、「何かにムカついて仕方ない時にはナイフを持って立ち上がる代わりにコレを聴け」的な1枚です。

 
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://episode666.blog21.fc2.com/tb.php/543-22e80660
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。