Music's Gonna Set Me Free...
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
paulgray.jpg

ロニー・ジェイムズ・ディオの追悼ムードが冷めやらぬうちに、またしてもメタル界に激震を与えるニュースが届いてしまいました。昨日朝の時点で既にTwitterでこのニュースを目にして「ウソだろ?」とショックを受けましたが、バンドからの正式な発表があるまではこの件についてのポストを控えることにしました。しかし今日残されたSLIPKNOTのメンバーが会見を開き、ついにこの事実を受け入れざるを得ない時が来てしまいました。会見の詳細な内容はこの文章を書いている時点ではまだ届いていませんが、中には話ができないメンバーもいて、バンドの悲しみの大きさが伝わってきます。なお、今日ポールの検死が行われましたが、死因は特定できなかったということです。

正直なところ、ポールはSLIPKNOTの中ではコリー、ジョーイ、ショーンあたりの影に隠れて目立たない存在ではありましたが、コリー加入前はヴォーカルもとっていたオリジナル・メンバーの一人であり、作曲面でも大きく貢献していたということで、ブライアン・フェア(SHADOWS FALL)追悼コメントにおける「メタル界にとっての巨大な損失だ」というのは決して大袈裟ではないのだと思います。

となると、気になるのは当然SLIPKNOTの今後です。今年はコリーとジェイムズのSTONE SOURが新作リリースを控える他、ジョーイもMURDERDOLLSを再始動するということで、今度の一件がなかったとしてもSLIPKNOTの新作リリースは早くて2012年になるだろうと思っていましたが、バンド、ファン双方にとって、この9人でこそSLIPKNOTだという思いは当然あるでしょうから、代わりを探すというのはすぐには考えられないでしょう。

この一件がヤフーニュースのトップでも報じられるほど、現在日本においてヘヴィ・メタルを若者にアピールできる数少ないバンドとなっていたSLIPKNOT。昨年末のザ・レヴ(AVENGED SEVENFOLD)といい、現在メタルの最前線で活躍するバンドのメンバーが続けて急死してしまうのは本当にショックだとしか言いようがありません。デビュー時からずっと追いかけてきて、「LOUD PARK 08」で遂に念願のライヴ参戦を果たした僕も、このショックを乗り越えて必ずや復活してほしいと切に願うばかりです。

Rest In Peace, Paul Gray...
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://episode666.blog21.fc2.com/tb.php/541-9c3cae0f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。