Music's Gonna Set Me Free...
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
derdian.jpg

RATING: 8/10

「春のクラシック・メタル祭り」第3弾はイタリアのメロディック・スピード・メタル・バンドによる3作目です。以前からそのクサメロぶりが一部で話題になっていたバンドですが、僕は前2作は未聴でした。しかし今作をCD店で試聴した瞬間、そのメロディの破壊力にやられて思わず買ってしまいました。

とにかくクサい、クサ過ぎる。特にイントロSEに続く"The Spell"はまるで日本人のために作ったのではないかと思ってしまうほどに全編に亘って日本人の琴線をつきまくる歌メロが次々に飛び出してくる。続く"Battleplan"ではRHAPSODY OF FIREを意識したと思しきアレンジが耳を引き、総じてクドいほどに大仰なシンフォニック・アレンジが見事なまでに歌メロとの相乗効果を挙げています。大半が速い曲というのも日本人にとってはポイント高いでしょう。ヴォーカルは線が細い典型的なB級ですが、これ以上巧くなると却って味が失われてしまうのではないかと思うほど、この音楽性にはドンズバといえます。この手の音楽を愛好する層を超えてアピールする次元には至っていませんが、この突き抜けたクサさが僕のような人間をも引きつけるのですから、これは紛れもない高品質のアルバムではないでしょうか。

 
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://episode666.blog21.fc2.com/tb.php/531-62ed6a2d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。