Music's Gonna Set Me Free...
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
saxoniine.jpg

SAXONデビュー30周年記念再発シリーズの第3弾にして完結編となる7th~9thの3枚が前回から実に10か月ぶりにリリースされました。まずご紹介するのは'85年リリース、SAXON史上唯一女性のアップを用いた“らしからぬ”ジャケットが物議を醸した7作目です。今回のボーナス曲はリミックス1曲、シングルB面曲2曲、ライヴ4曲の計7曲です。

前作「Crusader」リリース後、金銭面のトラブルなどによりそれまで在籍していたフランスのCarrereを離脱、新たにEMIと契約してさらなるメジャー展開を図った1枚ですが、多くのファン離れを引き起こした前作のキャッチーな路線を更に推し進め、もはや初期の暴走ドライヴィン・サウンドはその面影すら残らないほどに洗練されたサウンド(エコーをかけまくったいかにも80'sなプロダクションが時代を感じさせます)となりました。当然のごとく初期のスタイルに固執するファンからはアメリカ狙いという猛反発を受けることになりますが、硬派なリフとキャッチーな歌メロのバランス感覚が前作より優れており、個人的にも別に本作を傑作というつもりはありませんが、これはこれで“アリ”だと思える良質なメロディアスHR作品になったと思っています。確かにキャッチーにはなったものの、アルバム中に漂う雰囲気は紛うことなきブリティッシュだし、よく言われる“アメリカナイズされたブリティッシュHR”と“アメリカンHR”はやはり似て非なるものだということを本作でも実感できるのではないでしょうか。ラストの"Give It Everything You've Got"はモロにVAN HALEN "Hot For Teacher"ですが。

ボーナス収録のうちシングルB面扱いだった2曲は本編曲よりストレートに疾走するHMソングで、アルバムの雰囲気に沿わないため外れたことが容易に想像できますが、こっちのほうを気に入る人たちは多いような気がします。ライヴ・テイクのうちメドレーでは初期曲の"Heavy Metal Thunder" "Stand Up And Be Counted" "Taking Your Chances" "Warrior"をプレイしていますが、メドレーということでテンポを統一したためか、"~Thunder"が思いっきりスローになっているのがあまりにも残念。残りのライヴ3曲は本作の収録曲で、もはやライヴでは永遠にプレイされることはないでしょうから、ある意味貴重です。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://episode666.blog21.fc2.com/tb.php/521-8d277c17
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。