Music's Gonna Set Me Free...
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
him_scream.jpg

RATING: 8/10

3年ぶりとなる7作目。従来のナルシスティックなメロディ・ラインにドゥーミーなサウンドという新機軸を持ち込んだ前作から一転して再びそれ以前のスタイルへの揺り戻しが図られていますが、音作りはさらにライトになり、よりヴォーカルを主軸とした作りとなっています。そこに前作でもう一つ新たに開拓したヴィレ・ヴァロのスクリームがさらに頻度を上げて持ち込まれており、単なる過去の焼き直しにとどまらないエモーショナルな色合いが加わっています。このスクリームが全作品中最もポップなイメージで固められたアルバムに強い印象を残しているような気がします。一発で耳を捉えるキラー・チューンが今回も存在しないのが残念ですが、全体的にレベルの高い仕上がりにまとめているのはさすがといったところです。

しかし前作のタイトル「Venus Doom」といい、今作といい、アルバム・タイトルが的確にその音楽性をわかりやすく示している例は珍しいですね。今作の場合は「Screamがどのようにwork(作用)するか、Theory(理論)を組み立ててLove metalの中でPractice(実践)してみよう」という風にも解釈できます。限定盤に全曲のアコースティック・ヴァージョンを収録したボーナスCDが添付されていることもあり、本編とスクリームを一切使わないアコースティック版を聴き比べていくと、その意図がより理解できるのではないでしょうか。何故この限定盤を日本盤で出さない!?来日決まるまでとっておくつもりなのか。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://episode666.blog21.fc2.com/tb.php/520-6e26142b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。