Music's Gonna Set Me Free...
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
1349hellfire_full.jpg

1週間ぶりの更新となりますが、これから多忙な時期に入るため更新ペースが遅くなると思います。

SATYRICONのドラマー、フロストが掛け持ちで在籍しているノルウェジアン・ブラック・メタル・バンドの3作目です。BURRN!誌の11月号でのTNTのインタビューの中で、ロニー・ル・テクロ(G)が「プロデュースした」と発言したことでご記憶の方も多いと思いますが、ロニーの名は前作「BEYOND THE APOCALYPSE」にエグゼクティヴ・プロデューサーとしてクレジットされています。ロニーはこういうのも好きなんですね。

このバンドについては1st時からフォローしていますが、その1stがいまひとつ煮え切らない内容だったのですが、前作で思いっきりファストでブルータルなスタイルに焦点を定めた快作だったため今作にも期待していましたが、まさにその期待に応えた凶悪極まりない内容です。このアルバム・タイトルとブックレットのメンバー写真がすべてを物語る、とにかく熱く、速く、激しく、ノイジーなブラック・メタルが貫かれています。とはいいつつ全編ブラストで押し捲るわけではなく、邪悪なミドル・パートも多数用意されていますが、このあまりのウルサさの前にはただ呆然とするばかり。ヴォーカルが引っ込み気味のミックスもどうでもよくなってしまうしまうほど、今作のラウドさにこだわったプロダクションのインパクトは強烈です。フロストのドラムも強烈無比。

ラストのタイトル・トラックはバンド名にちなんだ13分49秒の大作で、この曲だけプロダクションが初期ノルウェジアン・ブラック的です。ともあれ、ブラック・メタルらしいブラック・メタルを思う存分満喫できる快作です。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://episode666.blog21.fc2.com/tb.php/52-60e770a9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。