Music's Gonna Set Me Free...
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
metalica-dvd-1-orgullo-pasion-y-gloria.jpg

METALLICAの怒涛のライヴDVD連発シリーズ第2弾は2009年6月4、6、7日に10年ぶりのメキシコ公演として行われたスタジアム・ライヴの模様を収めたものです。僕が購入したのはDVD2枚とCD2枚を収めたボックス・セット仕様の限定盤で、DVD本編には3日間のベスト・テイクをまとめた19曲、DVD2枚目には3日間のうちに演奏されたものの本編から漏れた16曲、CDにはDVD本編のオーディオ・トラックが収められています。監督は過去のライヴ映像作品を手掛けたウェイン・アイシャム、パッケージ写真の撮影はこれまたバンドと縁の深いロス・ハルフィンが手掛けています。ちなみにタイトルは「Pride, Passion And Glory」という意味です。

この公演は新型インフルエンザの蔓延により開催が危ぶまれたそうですが、その危機を乗り越えて無事に行われたということで、待ちに待ったファンのいかにも南米らしい凄まじい熱狂ぶりが映像からもリアルに伝わり、バンドもそれに応える熱演を繰り広げています。特にステージ後方に設置された大型のオーロラ・ヴィジョンに映し出されるメンバーやオーディエンスの姿が熱狂をさらに増大させている気がして、日本でこんな規模のライヴやってくれないかなぁ、これを生で体感したいなぁ、という気にさせてくれます。やっぱり日本でメタルをさらに盛り上げるためには、このぐらいの熱狂を生み出すライヴを(ここまでの規模でなくてもいいから)もっと多く開かないとダメだろ、という思いを抱かせます。先にリリースされたフランス公演版との違いは数曲おきにメンバーやファンへのインタビューが挿入されていることで、また曲によっては1曲の中で違う日のテイクがつなぎ合わせられるという凝った編集も行われています。全35曲の中には"Hit The Lights""Trapped Under Ice"など初期曲のオフィシャル・ライヴ映像初登場曲も多く、フランス版にも増して見どころ満載です。果たして来るべき日本公演ではここに収められた曲から何がプレイされるのか、それを想像しながら観て楽しむこともできる圧巻のDVDです。

 
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://episode666.blog21.fc2.com/tb.php/503-4ddb156c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。