Music's Gonna Set Me Free...
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Between_The_Buried_And_Me_-_The_Great_Misdirect.jpg

RATING: 8.5/10

前作「Colors」を2007年私的年間ベスト10の1位に選出した、ノースカロライナ出身の5人組による2年ぶりの5作目。前作があれだけの傑作だった故に若干の不安もありましたが、決してその前作に勝るとも劣らない聴き応えを誇る力作を引っ提げてきました。往年のプログ・ロック・バンドへのオマージュともいえる叙情性を増量し、変拍子を多用したテクニカルな演奏を全面的に盛り込むなど、前作で開眼したプログレ・スタイルにさらなる確信をもって取り組んだのが一聴してわかる作風であり、前作にもましてDREAM THEATER度が増したのがやや気になるところではありますが(特にラストの18分におよぶ"Swim To The Moon"は...)、デス・メタリックなブルータリティも依然健在であり、他の音楽要素を取り込むアイディアとアレンジ力にさらに磨きがかかったこともあり、聴き通すうちにそれは些細なことに思えてきます。演奏面に重きを置くあまりキャッチーさという点では前作よりも後退した感は否めないものの、この演奏だけでも十分に聴く価値はあるといえるでしょう。

僕が購入したのはアルバムのメイキング映像と全曲の5.1chサラウンド・ミックス(ギターが奥に引っ込み気味なのが残念)を収めたDVD付きのデラックス版ですが、メイキング映像ではなぜかPerfumeの"ポリリズム"を聴いて踊るメンバー達の姿が...どこで手に入れたの?
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://episode666.blog21.fc2.com/tb.php/484-f961fa4f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。