Music's Gonna Set Me Free...
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
もうご存じの方も多いと思いますが...。先日DIOのヨーロッパ・ツアーがロニーが入院したことを理由にキャンセルされましたが、その後胃がんと診断されたことを妻でありマネージャーのウェンディが発表しました。幸いにして胃がんは早期であり、直ちに治療を開始して復帰を目指しているということです。このニュース"Long Live Rock and Roll, Long Live Ronnie James Dio"という見事な一文で締めくくられていますが、勿論その想いはすべてのファンにとっても同じことでしょう。

このニュースでロニーの今後が心配になったのは勿論ですが、それと同時に頭に浮かんだのは、その誕生から50年が経ったロックという音楽が、まだ誕生から50年しか経っていないんだということでした。今年2009年はロックという音楽にとって特に重要なターニング・ポイントとなった1969年(ウッドストック開催、THE BEATLES「Abbey Road」リリース、LED ZEPPELINKING CRIMSONのデビュー等)から40年が経ったということで多くの雑誌で特集が組まれましたが、その時に活躍していたミュージシャンの多くが未だ現役で活動しているということを考えると、この40年という時間は長いようでいて短いという思いを抱かずにはいられません。ロニーは今年67歳ということで、その事実にまず感慨深いものを感じてしまいます。今年「FUJI ROCK」で来日したGONGのデヴィッド・アレンが現在71歳というのもさらに凄いですが...。その一方で、今年はYESKING CRIMSON等で活躍したビル・ブラッフォードが60歳になったのを機に音楽活動からの引退を表明し、そのYESの同僚ジョン・アンダーソンも現在闘病生活を送っています。多くのロック・レジェンド達にいよいよ年齢という避けられない壁が立ちはだかろうとしているわけです。僕は現在35歳で、勿論全盛期の活動をリアルタイムで体験などしていないわけですが、その歴史の一部に立ち会えて良かったと思うようになってきました。でもまだまだ、ロニーを始めとするレジェンドの人たちには元気で活動してもらいたいと心より願っています。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://episode666.blog21.fc2.com/tb.php/480-ba871078
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。