Music's Gonna Set Me Free...
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
rammbenzin.jpg

前作「REISE,REISE」で日本でもそのデンジャラスなイメージを定着させたRAMMSTEINの1年ぶりの新作「ROSENROT」からの1stシングルが到着しました。前作とほぼ同時期に書かれた曲だけあり、音楽的にさほど変化はありませんが、それ以前の軍歌メタル的なイメージから脱却して楽曲の幅を広げたことが確実に良い方向に向かっていることを証明する1曲ですが、本シングルで特筆すべきはカップリングで収められたリミックス3ヴァージョンでしょう。

「REISE,REISE」以前のアルバムからのシングルまではテクノ、インダストリアル系のアーティストによるリミックスが中心でしたが、本シングルでリミキサーに選ばれたのはMESHUGGAH、アド・ロック(BEASTIE BOYS)APOCALYPTICAというバラバラなメンツ。アド・ロックのヴァージョンは従来のリミックスのイメージを崩さないどことなく無難な出来となっていますが、MESHUGGAHAPOCALYPTICAのぶっ壊し方があまりにも壮絶。ヴォーカル・トラックだけを残してバッキングを丸々リミキサー自身の演奏にすげ変えるリミックスは、かつてビョークが"Isobel"のリミックスをCARCASS(!)に依頼したものに近いですが、どちらも自身のオリジナル曲以上に“らしさ”を出しまくっているのが凄い。特にMESHUGGAHのヴァージョンはあの変態圧殺リフとティル・リンデマンの邪悪なバリトン・ヴォーカルが奇跡的な融合を果たした稀に見るクールなリミックスとなっています。APOCALYPTICAもホントにチェロで弾いてるのか、と疑いたくなるほどのヘヴィ・リフを炸裂させています。単なる先行シングルという位置づけでは済まされない、ファン必聴のシングルでしょう。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://episode666.blog21.fc2.com/tb.php/48-b3aa2650
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。