Music's Gonna Set Me Free...
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
aeThe_Root_Of_All_Evil.jpg

欧米ではあまり知られていないヨハン・リーヴァ時代のアルバムからの曲をライヴのレパートリーに加えようという目的で制作されたセルフ・カヴァー作。僕は以前にも書いた通りのヨハン・リーヴァ信奉者であるわけですが、これまでほぼ一本調子で押し通している印象が強かったアンジェラ・ゴソウのヴォーカルが、今作では表現の幅を広げており、リーヴァとはタイプは異なるものの、少なくとも曲のスタイルに合わせようとする意思が窺えます。

むしろ今作で賛否を呼びそうなのがその音作り。曲によってはザクザクしたリフの刻みがより格好良い効果をあげているものもありますが、当然というかオリジナル版にあった荒々しい勢いと生々しさは洗練に取って代わられており、おまけにゴソウの音域に合わせたのかキーも上げられています。スラッシュ・メタルのセルフ・カヴァーでキーを下げてあれこれ言われたことは過去に何度かありましたが、逆にキーを上げたというのは今まで聞いたことがありません。これは正直言って初めて聴いた時には相当の違和感を感じました(特に"Dead Inside"は疾走感も1割減でオリジナルのほうが100倍はよかった)。カラオケではどんなに音程の高い曲でも絶対キーを変えずに歌っている僕としては、多少無理してでもオリジナル通りのキーでやってほしかった気がします。最初に書いた通り欧米のファン向けの企画盤ということで、あまり日本のファンのことは意識していないのかもしれませんが、良くも悪くもARCH ENEMYの現在を如実に反映した1枚といえるでしょう。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
ご指摘ありがとうございました。
僕はBurning Japanのアルバムは持っていなかったので(今年再発された2nd、3rdにボーナスで入りましたが...)、
それには全く気付きませんでした。
アンジェラ加入後のライヴには2回行きましたが、
この時もヨハン時代の曲は演っていなかったので、
ヨハン在籍時に既にキーは上げていたんですね。
確かにチューニングを3音下げるとライヴでプレイしにくいのはわかりますが...。
2009/11/07(土) 16:45 | URL | chaos666 #-[ 編集]
アンジェラに合わせてキーが変わったんじゃないですよ。
3rdを出した後の99年頃からライブでのギターの音作りを主な理由にチューニングをBからCに上げました。
なのでヨハン在籍時のライブアルバムBurning Japanの時にすでにこのキーですよ。
2009/11/07(土) 01:56 | URL | GRG #7GZRXkc2[ 編集]
確かに、聴いていくうちに違和感は消えていくような気がしますが、
ヨハン信奉者の評価を変えるには至らないというのが正直なところですね。
僕は今年のLOUD PARKには行きませんでしたが、
今作からは何曲演ったんでしょうか。
2009/10/18(日) 23:50 | URL | chaos666 #-[ 編集]
ヨハンのが好きです。
けど、聴いてるうちに違和感
なくなりました。
キーが下がったとか、私の耳には
わからない!(爆)
2009/10/18(日) 10:47 | URL | Tommy #FhYyxA6I[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://episode666.blog21.fc2.com/tb.php/470-76da5ff6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
最近メタルから遠ざかってましたね!! 娘たちが買って来たので、勝手に聴いています!(爆) 娘は、「ギターソロが変わった!前のギターソ...
2009/10/18(日) 10:48:34 | With Latimer!
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。