Music's Gonna Set Me Free...
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
tenet_cd.jpg

RATING: 8/10

'06年に活動を終了したSTRAPPING YOUNG LADのジェド・サイモン(G)を中心とするプロジェクトのデビュー作ですが、日本ではむしろFORBIDDENTESTAMENTのグレン・アルヴェライス(G)と久々の現場復帰となる元EXODUSのスティーヴ“ゼトロ”スーザ(Vo)が参加していることのほうが大きく扱われそうな気がします。リズム・セクションをSYLの同僚で現FEAR FACTORYのバイロン・ストラウド(B)とジーン・ホグラン(Ds)が務めているため、デヴィン・タウンゼンド抜きのSYLといった雰囲気もありますが、音のほうもSYLをよりストレートにしたかのようなハイパーなスラッシュ・メタルであり、ゼトロのヴォーカルもEXODUS時よりもさらにハイテンションなスクリーミングで迫り、バックの音と十分に渡り合っています。サイモン、ストラウド、ホグランの3人はZIMMERS HOLEでも一緒にプレイしており、音もやはりSYL譲りですが、しっかり差別化は図られています。そうなると今作の聴きどころはやはりゼトロでしょうか。EXODUS時代にはポール・バーロフ信奉者からあれこれ言われることが多かったですが、今作では暴力性のアップに見事に貢献。ここまでポテンシャルを引き出せるとは思いませんでした。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://episode666.blog21.fc2.com/tb.php/463-bb9d0603
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。