Music's Gonna Set Me Free...
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
overthetop.jpg

ソニーがここにきて80年代ロック/ポップスの紙ジャケ化に乗り出していますが、その中には「トップガン」「フットルース」といった映画サントラ盤も含まれています。今回再発されたラインナップの中で「こんなものまで出すか」と思わず唸ってしまったのが、シルヴェスター・スタローン主演の'87年作「オーバー・ザ・トップ」のサントラ盤です。

本作にはサミー・ヘイガー(当時VAN HALEN)、ロビン・ザンダー(CHEAP TRICK)、ケニー・ロギンスなどが参加していますが、曲は1曲を除いてすべて本作のプロデューサーであるジョルジオ・モロダーの書き下ろしであり、モロダーの楽曲を複数のヴォーカリストが歌うという構成により、サントラとしての統一感を打ち出していると捉えるのが良いかもしれません。その中で異彩を放つのが唯一ASIA名義での参加となった"Gypsy Soul"。この曲にはASIAからは実はジョン・ウェットン一人しか参加していませんが、それでもASIA名義となったのは、ジョン・ウェットンのソロ名義ではアメリカではいまひとつインパクトに欠けると判断されたからでしょう。これまでいくつもリリースされているASIAのコンピレーションにこの曲が収録されないのは、自身が実質ASIAの曲としてカウントしていないからかもしれません。曲自体は本作の他の曲と同様、いかにも80'sという雰囲気を存分に発散したものですが、ウェットンのヴォーカルのおかげでかろうじてASIAっぽさを感じさせるものです。とにかくASIAの音源をコンプリートしたい向きには待望の?再発といえるのではないでしょうか。

映画そのものは日本ではスタローン人気に乗る形でヒットしましたが、アメリカでは大失敗に終わったこともあってこのサントラ盤も今では地味な印象ですが、ヘイガーが歌う主題歌"Winner Takes It All"(ちなみにこの曲にはエディ・ヴァン・ヘイレンが何故かベースで参加)が後に新日本プロレスのスコット・ノートンの入場テーマになったり、ザンダーの"In This Country"がフジテレビのF1グランプリ中継のエンディング・テーマに使用されてヒットするなど、日本では何気に映画サントラの枠を超えたところで重要な1枚だったりします。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://episode666.blog21.fc2.com/tb.php/450-17bee8de
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。