Music's Gonna Set Me Free...
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
dtbcasl.jpg 

RATING: 9/10

過去数作と同様に曲作りとレコーディングを同時進行で行い、浮かんでくるアイディアを次々に詰め込んだためにどんどん曲が長くなっていく傾向は相変わらずながら、今作では超絶技巧よりもメロディに最大限の配慮を払った結果、ダーク&ヘヴィなサウンドとキャッチーなメロディの同居という、アルバム・タイトルとジャケットが示すテーマを実に分かり易い形で表現しており、これだけの大作指向で、かつ曲ごとのタイプを変えながらも、常にダレることなく進んでいく展開の構成力が何よりも印象に残ります。僕にとっての聴きどころはやはり後半。どこかで聴いたことのあるフレーズが連発される"The Shattered Fortress"は最初聴いた時に「なんだこれ」と思いましたが、「Six Degrees~」以来続けてきた“アルコール依存症を克服する12のステップ”の完結編ということで、過去のステップの断片を組み合わせて最後に"The Glass Prison"のイントロで締める構成に思わず納得。おそらく多くの人がやっているであろう、iPodでこのシリーズをプレイリスト化して聴くのを僕もやってみましたが、前の4曲の中でもフレーズの流用がふんだんに行われており、不思議と統一感が出ているのが面白い。是非今後のライヴで12のステップを通しで演ってほしいものです。"The Best Of Times"歌い出しのアレンジはモロにRUSH"The Spirit Of Radio"を思わせ、つい苦笑してしまいますが、この曲に関してはペトルーシの渾身の名演といえる泣きまくりのエンディング・ソロがすべてをチャラにしてくれているような気がします。"The Count Of Tuscany"は前半の怒涛の変拍子大会で緊迫感を煽りつつ、後半で急転してアコースティックへ移る展開。エンディングSEがYES"Close To The Edge"のイントロSEを思わせるという一部の評判ですが、確かに似ていますがこんなところにまでパクリだなんだとツッこんでいたらキリがないでしょう。

ミカエル・オーカーフェルト(OPETH)を意識したと思われるポートノイのヴォーカルが安っぽく聞こえて仕方がないことを除けば、今聴いてもやや微妙な印象が拭えない前作に比べると聴き応えには雲泥の差があります。3枚組デラックス盤に収められた今作のインスト・ミックス盤(ヴォーカルだけでなくギター・ソロ、キーボード・ソロもカット)を聴いていると自然と頭の中で歌メロが浮かんでくることからも、今作のメロディ面への自信が窺えるでしょう。個人的には素直に快作と言いたい1枚です。レーティングはオリジナル・アルバムのみに対しての点数です。カヴァーCDはあくまでもお楽しみ、ということで。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://episode666.blog21.fc2.com/tb.php/440-34698fed
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。