Music's Gonna Set Me Free...
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
qprukraine.jpg

先頃ポール・ロジャースにより活動終了が発表されたQUEEN + PAUL RODGERSが昨年12月1日の世界エイズ・デーにウクライナで35万人(!)を集めて行われたフリー・コンサート(!!)の模様を収めたDVD。前回のツアーでは3曲演っていたFREEの曲は今回は"All Right Now"のみで、代わりにBAD COMPANY"Seagull""Shooting Star"という渋めの曲をセレクトしたり、前回はブライアン独りによる弾き語りだった"'39"がバンド・メンバー全員参加によるジプシー風アレンジでプレイされるという違いはあるものの、基本的には前回のツアーとほぼ大差ないセットの流れ("Radio Ga Ga"を演ってないのが残念!)。しかしなんといってもこのDVDの目玉は実に35万人という想像を絶する数のオーディエンスの熱狂ぶりと、それに応えるバンドの熱演の相乗効果。特にラストの"We Will Rock You""We Are The Champions"でほぼすべての観衆が両手を振り上げるシーンは圧巻の一言。今のロック界でこれだけの規模のライヴをやれるバンドがどれだけいるか。今作はQUEENの楽曲が未だそれに値することを証明した貴重な記録だけに、QUEENとロジャースの合体が2回のツアーとアルバム1枚で終わってしまったこと、そしてもう1度日本に来なかったことが本当に残念です。散々「死んでもこれをQUEENとは認めない」と言われようとも、果たしてヴォーカルがポール・ロジャースでなかったらこれだけのものは生み出せただろうか。たとえ“疑似体験”だろうと、彼らが素晴らしいロック・ショウを見せてくれたことは紛れもない事実です。夢を本当にありがとう。

このエントリーを書いている時点ではまだ日本版は出ていないため、僕が購入したのは勿論輸入版ですが、オプションで日本語の字幕を表示できるのが非常に嬉しいです。IRON MAIDEN「FLIGHT 666」の輸入版もそうでしたが、最近のEMIは実に良い仕事をしていますね。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://episode666.blog21.fc2.com/tb.php/437-3e2eac83
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。