Music's Gonna Set Me Free...
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
chimaira.jpg

RATING: 8/10

クリーヴランド出身の6人組による2年ぶりの通算5作目。"The Thing That Should Not Be""Battery"を混ぜたような、まるでメタルの王道と言うべきイントロに思わず身を乗り出してしまうものの、それを切り裂くかのような咆哮が飛び出した後は、重心の低いソリッドなリフとアタックの強いリズム、メロディ皆無の非人間的なシャウトで聴き手をいたぶるかのようにひたすらミドル~スロー・テンポ一辺倒で迫りくる、HM/HR原理主義者お断りのハードコア・グルーヴ・メタルが全編で繰り広げられ、所々でアップテンポになる場面はあるものの、いつくるかいつくるかと思わせたまま、最初から最後まで徹底して走らない。まるで今作では「速い曲は一切やらずにミドル、スローだけでどれだけヴァリエーションをつけることができるか」という制約を自らに課したんじゃないかとも思えるほどのストイックさが際立っており、それを見事モノにしているところに、現在のバンドの充実ぶりを窺うことができます。やはり力作だった前作に比べると確かに即効性、爽快感では劣るものの、このバンドらしいメカニカルな激重鋼鉄サウンドを違った視点から表現した作りはボディ・ブローのようにジワジワ効いてきます。すっかりLAMB OF GODともタメ張る実力派になりました。

スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://episode666.blog21.fc2.com/tb.php/416-bf42d9b8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。