Music's Gonna Set Me Free...
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
staticxcult.jpg

RATING: 6/10

かつては「BEAST FEAST」で来日時に凄まじい盛り上がりを見せたものの、トリップ・アイゼン(G)の逮捕以降その勢いは急速に衰え、前作「CANNIBAL」に至っては遂に日本盤リリースなしという事態にまで陥ったSTATIC-Xの2年ぶりの6作目。1曲目の"Lunatic"にデイヴ・ムステインがゲスト参加、いかにも彼らしいソロを披露しますが、その曲を含めて前半部があまりにフックが無さ過ぎるのが痛い。リフがつまらない上に肝心のデジタル・エフェクトも控え目で、ひたすら淡々と進む展開は聴き通すのが辛くもありますが、後半に入ってようやく勢いが出てきて何とか持ち直します。しかしそれも初期のアルバムに比べるとどうしても弱く、完全にクリエイティヴィティの袋小路に陥ってしまった感があります。既に確固たるファン・ベースを築いていることはジャケットでも判りますが、そこで示しているであろう威勢の良さがそのファン・ベースの中だけで完結してしまっているような印象です。今作も今のところ日本発売の予定はありませんが、これでは日本盤出なくても仕方ないでしょう。

なお、今作はiTunes Storeのみのボーナス・トラックとしてWHITESNAKE"Still Of The Night"(!)をカヴァーしていますが、バンドの音楽性に全く沿わない曲をなんとデジタル・アレンジもほとんど使うことなく完コピ。こんなに無意味なカヴァーを聴いたのは果たしていつ以来でしょうか。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://episode666.blog21.fc2.com/tb.php/413-0345ff31
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。