Music's Gonna Set Me Free...
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
munwaste05.jpg

それにしても9月は久々の新譜猛ラッシュでしたね。しかもそれぞれが力作揃いで嬉しい悲鳴となりました。ここでご紹介する新譜もかなりの勢いで増えていますが、まだまだストックがあるのでいつ書けるかはわかりませんが、是非ともできる限りご紹介しようと思います。

今回ご紹介するのはヴァージニア出身の4人組がEaracheと契約してリリースした2ndアルバムで、このバンドの音を聴くのは初めてとなります。ブラスト・ビートの達人として引く手あまたのデイヴ・ウィット(BLACK ARMY JACKET,DISCORDANCE AXIS,BURNT BY THE SUN etc.)が在籍していることが話題となっていますが、その触れ込みで期待しないほうがいいでしょう。音楽性は80年代中盤のUSスラッシュ・メタル・アルバムに腐るほどあったようなB級丸出しのジャケットから想像できる通りの、スラッシュ・メタルとハードコア・パンクの融合...80年代当時“クロスオーヴァー”と呼ばれていたあのサウンドです。S.O.D.は勿論のこと、D.R.I.、AGNOSTIC FRONT、CRUMBSUCKERSや現在のサザン・ヘヴィ・ロックに方向転換する以前のCORROSION OF CONFORMITYがやっていたあの音をそのまま現在に継承しています。全15曲で26分という短さもいかにもという感じです。ただし、当時のクロスオーヴァー勢のドラムの多くがドタバタしていたのに対し、流石はデイヴ・ウィット、タイトなリズム感と強烈無比なタム回しで怒涛の勢いとスピード感を生み出しているのは見事というしかありません。

再結成組ばかりが注目されるスラッシュ・メタル・リヴァイヴァルですが、思わぬところからBack To The 80'sな音を引っ提げてきた彼らにもオールド・ヘッドバンガーは要チェックです。勿論、血気盛んな若いキッズも。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://episode666.blog21.fc2.com/tb.php/39-d2c91bd0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。