Music's Gonna Set Me Free...
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
今年はこれまでの各種部門編をやめ、新たに再発部門を独立させました。今年は再発物に注目する機会が多かったからですが、ここではあくまでも「今年再発されたもの」のみをセレクトしました。そのため、それ以前に再発された作品の単なる紙ジャケ化や高音質CD化は外し、また単に再発しただけでなくボーナス曲などの付加価値をつけたもの、そしてそれまで入手が困難だったものを優先しました。

heartwork.jpg
01. CARCASS "Heartwork"
これは僕のオールタイム・フェイヴァリットの1枚です。CARCASSは今年再結成を記念して全オリジナル作がDVD付きで再発されましたが、全曲のデモ音源を収めたCDをつけたところに資料価値を見出しました。1stには伝説のデモ・テープが丸ごとボーナスで収められるようですが、こちらは1月に出る日本盤待ちです。

626.jpg
02. FREE "Fire And Water - Deluxe Edition"
これも僕のオールタイム・フェイヴァリットの1枚で、一旦発売が見送られて先日ようやく発売された紙ジャケ&SHM-CD盤です。大量に収められたボーナス曲には既発のトラックもありますが、それらも含めて今作の魅力をあらゆる角度から検証できる決定版。

rtf.jpg
03. RETURN TO FOREVER "The Anthology"
MAHAVISHNU ORCHESTRAと並んでプログレ方面に多大な影響を与えたフュージョン・バンドの再結成を記念してリリースされた、全盛期のアルバムからセレクトして全曲リマスター&リミックスしたコンピレーション。名盤の誉れ高い「Hymn Of The Seventh Galaxy」「Romantic Warrior」2作の全曲収録という太っ腹ぶりに痺れました。

queensingle.jpg
04. QUEEN "Singles Collection Vol.1"
先日発売されたばかりの、第4弾まで出る予定の復刻シングル・ボックス・セットの第1弾。コレクション価値もさることながら、これまでアメリカ盤でしか聴けなかったシングル・オンリー曲がリマスターで聴けるのが大きいです。例によって日本盤が高いのはどうにかしてほしいです。

bcb.jpg
05. PAUL KOSSOFF WITH BLACK CAT BONES "Paul's Blues"
ポール・コゾフは2位のFREEと同時発売されたソロ・アルバムのデラックス版もありましたが、やはり幻の音源のオフィシャル・リリースということでこちらを。コゾフとサイモン・カークがFREE以前に在籍していたブルース・ロック・バンドのコゾフ在籍時の音源をまとめたもので、音は劣悪ですがとにかくこの時代の音が遂に聴けるという一点に尽きます。

toad.jpg
06. TOAD "Toad"
スイスのHRバンドが'71年にリリースしたデビュー作の紙ジャケ盤。実はこの再発で初めて彼らの存在を知りましたが、70年代初頭のスイスでこれだけクールなHRをやっているバンドがいたことに驚きました。

G-Bond5th.jpg
07. GRAHAM BOND "Solid Bond"
60年代の英国ブルース/ジャズ・シーンの重要人物の一人で、ジャック・ブルース、ジンジャー・ベイカー、ジョン・マクラフリン、ジョン・ハイズマン、ディック・ヘクストール=スミスという錚々たるメンバーを擁していた時代の未発表トラックを集めた'70年リリース作。彼の下からCREAMCOLOSSEUMが生まれましたが、その原点を知る上で興味深い1枚です。

flash.jpg
08. FLASH "In The Can"
YESの初代ギタリストだったピーター・バンクスが結成したバンドが'72年にリリースした2作目の紙ジャケ盤。HR的な音像の中でテクニカルなギターが強いインパクトを残す1枚です。彼らが残した3枚のアルバムはどれもヒプノシスによるエロいジャケットで有名ですが、エロさは本作がダントツ。

spooky2.jpg
09. SPOOKY TOOTH "Spooky Two"
ここ日本ではJUDAS PRIESTが本作収録の"Better By You, Better Than Me"をカヴァーしたバンドというイメージのほうが強いバンドの'69年リリースの2作目の紙ジャケ&SHM-CD盤。BLACK SABBATHにも通じる(とはいってもリリースはこちらのほうがSABBATHの1stよりも先ですが)ギター・リフ主体のヘヴィなHRにサザン・ロックのテイストを加えた、カッコ良く、かつ味わい深く聴ける1枚です。

dhammer2.jpg
10. DEMOLITION HAMMER "Epidemic Of Violence"
全3作をまとめたアンソロジー盤も出ましたが、ここでは'91年リリースの2作目を単体でセレクト。時代の狭間にリリースされたために当時はあまり評価されませんでしたが、今聴くとその破壊力が今でも十分通用することを証明する1枚。ボーナスで収められたライヴの音は極悪。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://episode666.blog21.fc2.com/tb.php/385-65860993
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。