Music's Gonna Set Me Free...
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
htb2.jpg

先頃復活したUSメタル・インディの名門Combat Recordsの復活第1弾リリースとなったLA出身の5人組の2作目です。最近ArcRyte Onlineで話題になっていたので僕も興味を持っていましたが、たしかにコレは色んな意味で狂ったアルバムです。

自ら"Nintendo Core"を標榜しているという音楽性は、メタルとカオティック・ハードコアを中心に、最近UKから続々現れるニューウェーヴ・リヴァイヴァルの色合いまでもブチ込んで予測不可能なほどに複雑怪奇な展開で聴かせるものですが、彼らの最大の特徴はNintendoという名が示す通り、ファミコンの音源からインスパイアされたチープ過ぎるピコピコ・キーボード・サウンドが全編に亘ってギター以上に大フィーチュアされており、それが今作を本当にワケのわからないものにしています。

そうした装飾を無視して冷静に音を聴いていくと、演奏力はかなりのもので、楽曲もよく作り込まれているのですが、このキーボードがすべてを腰砕けにしてしまうほどの破壊力。さらにこのイッちゃってるジャケット。おまけにオフィシャル・サイトでは「ゼルダの伝説」と「メトロイド」の画面を無断使用。根がアンダーグラウンドにドップリ漬かっている人たちであることが容易に想像でき、方法論も斜に構えたように見えますが、それが単なる自己満足に終わるどころか、インテリぶったニューウェーヴ・リヴァイヴァルの(それこそRockin' OnSNOOZERの読者あたりが好みそうな)連中よりもやっていることは遥かに熱い。「お前らトレンドに乗っかってカッコつけてんじゃねぇぞ!」と音自体が主張しているかのようです。それが何よりも痛快です。でも案外何も考えてなかったりして。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://episode666.blog21.fc2.com/tb.php/37-d2856430
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。