Music's Gonna Set Me Free...
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
queen-rogers.jpg

RATING: 8.5/10

2005年にツアーをやってよっぽどウマがあったのか、遂にアルバム制作にまで乗り出しましたが、そのニュースが伝わった時点で賛否が真っ二つに割れた注目のアルバム。個人的にはこの3人でQUEENと名乗らず、わざわざ"+PAUL RODGERS"ってつけてるんだから別にいいじゃん、と思っていましたし、それにQUEENFREE(とそれ以降のポール・ロジャース)も共に大好きな自分にとっては凄く楽しみな1枚でした。

僕は「80年代QUEENのロックな側面をクローズアップしてそこにロジャースのスタイルを融合した」ものを予想していましたが、実際の音はむしろその逆で、「ロジャースの得意なブルース・ロック/R&R(勿論BAD COMPANY的)に後期QUEENっぽい味付けを加えた」という感じで、いずれにせよ3人が顔合わせて気持ちの赴くままに自然に出てきた音を表したというのが適切な表現です。意外だったのはロジャー・テイラーが昨年末に発表した"Say It's Not True"の前半部で歌っている以外、ブライアン・メイもテイラーも一切歌っていないことで、1曲ずつでいいから2人がそれぞれリード・ヴォーカルをとる曲があればもっとQUEENっぽくなったのではないかとも思いましたが、ロジャースの歌いっぷりからすれば、それは些細な問題ではないでしょうか。となると、QUEENフリークにとって今作への評価を決めるのはロジャースへの思い入れの度合い、その一点に尽きるでしょう。ということは、ロジャースのファンにとっては今作は文句無く買い、ってことです。フレディ存命時のような、一発で耳を捉える即効性はありませんが、逆に聴き込むことで味わいが増す、ロジャースの本領発揮といえる1枚です。

なお、今作にはiTunes Store限定のボーナス・トラック"Runaway"も用意されていますが、これがまたオールディーズ風味たっぷりのR&Rで、後半に進むにつれて徐々にQUEENっぽさが増していくところが面白い曲です。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://episode666.blog21.fc2.com/tb.php/357-6bfa3b9d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。