Music's Gonna Set Me Free...
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
8月20日にLED ZEPPELINの全オリジナル作と「THE SONG REMAINS THE SAME」の紙ジャケがSHM-CDで再発されることになりました。今回の再発ではイギリス盤仕様のE式ジャケットを再現しているのが目玉ということです。また、音源は'94年リマスターを使用するそうですが、「THE SONG~」のみ昨年リリースの完全版が採用されるようです。

ユニヴァーサル以外のレーベルからSHM-CDが出るのは初めてということになりますが、やっぱりSHM-CDはそれなりに売れてるんでしょうか。1月に出た最初のシリーズはタイトルによってはほぼ完売したようですし、4月に出たWHITESNAKEの「SERPENS ALBUS」紙ジャケも速攻で消えました(これは当然でしょう。歴史的名盤だし)。ユニヴァーサルはここにきてSHM-CDの本格攻勢に乗り出していますが、他のレーベルもSHM-CDが商売になると踏んだということになると、これはまたオールド・ファンにとっては散財の機会がさらに増えそうです。ワーナーだとZEPもいいですが、YESの紙ジャケあたりをSHM-CD化したら凄いことになりそうですね。しかし、ZEPはジミー・ペイジ御大が近々最新リマスターを施して再発するという噂もあり、まだ予断は許さないといったところです。

なお、以前ここでご紹介したFREEとポール・コゾフの紙ジャケSHM-CDは結局リリースされませんでした。やはり土壇場でリリースが消えたその前の初期THIN LIZZY3作もそうでしたが、多分本国のレーベルから「勝手にそんな仕様で出すな」というクレームがきたのでしょう。6月にはSPOOKY TOOTHの再発が予定されていますが、これはちゃんと出ることを願いたいものです。

(6/15 追記)
と書きましたが、ZEPの紙ジャケSHM-CDは6/13時点ですべて発売中止となってしまいました。これはやはり本国のレーベルからダメ出しが入ったのか、それとも最新リマスターの噂が現実味を帯びてきたので、それまで待つのかといったところですが、あっという間に発売中止になってしまったのは残念ですね。またの機会を待ちましょう。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://episode666.blog21.fc2.com/tb.php/328-034ab1a3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。