Music's Gonna Set Me Free...
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
hate.jpg

RATING: 8.5/10

MORBID ANGELのライヴ・ギタリストという肩書きから常に元のバンドと比較される運命を背負いながらも、今やプロデューサーとして確固たる地位を築いたエリック・ルータンが自分以外のメンバーを総入れ替えして制作した2年ぶりの4作目。既に1stの時点でMORBIDから荘厳さを取り去って速さと激しさのみに焦点を絞り切った、元のバンドとの比較など全くもってナンセンスなブルータル・デス路線を追求していましたが、ここにきてその暴力性がさらに突き詰められた印象です。全曲徹底してブラスト主体の曲調もさることながら、リズム・セクションがとことん重心を低く、かつクリアに録られていることもあり、全編凄まじいほどのド迫力(特にギター・リフに重なる2バス連打の嵐は圧巻)で襲いかかってきます。今作は'06年に急死した元メンバーのジャレッド・アンダーソン(B)に捧げられていますが、音やヴォーカルを聴く限りでは感傷的なムードなど殆ど感じられず、むしろその感情をやり場のない怒りとして無差別にブチ撒けるかのようなキレ方が凄い。ジャケットは前作に続いてダサいし、今作はアルバム・タイトルも個人的にはダサく感じてしまいますが、そのタイトルに偽りなしの燃え上がる怒りが全編に渦巻く快作です。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://episode666.blog21.fc2.com/tb.php/315-b705fdf7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。