Music's Gonna Set Me Free...
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
From ITmedia News

「価格を自由に決められる」デジタル配信システムで音楽業界に衝撃を与えた、RADIOHEADの新作「IN RAINBOWS」が日本でも12月3日正午からダウンロード配信されることになりました。勿論日本でも自由価格になります。

正直これが日本でもできるようになるとは思いませんでしたね。売り上げ至上主義のこの日本で。イギリスのオリジナル版のように無料でゲットできるかどうかは今のところわかりませんが、もしできるのであればこれは相当凄いことであり、日本の音楽市場への挑戦といっても過言ではないと思います。デジタル配信がどんどん盛り上がる一方でCD全体のセールスは下降線をたどる一方ですが、これの動向いかんによってはCDというメディアの存在価値が問われることにもなるでしょう。僕も今年に入ってからは部屋にCDを置くスペースが無くなりつつあったこともあって、配信で音楽を購入するのがすっかりメインになり、よっぽど気に入ればパッケージでも買う(すなわち、パッケージで買うに値すると思ったものにCD代を払う)というスタンスになりましたが、今回のRADIOHEADの行動はそれを最もダイレクトな形で表現したといえるのではないでしょうか。ちなみにこのアルバムは日本では12月26日にCD版の発売が決まっています。

これはもっと広く捉えれば、「この作品の価値はお前ら自身で決めてもらって構わない。気に入ってくれれば金を払えばいいし、そうでなければタダでもいい」というアートの原点に返ったものともいえます。今年新作を新聞の付録としてタダ同然で配布して大問題になったプリンスもそうでしたが、今こういった行動は彼らのようなビッグ・ネームにしかできないことなのかもしれませんが、作品の評価がより現実的な形(売上やライヴの動員数など)で表れる次元にまで自分たちを追い込み、自信をもって作り上げた結果だと考えるのが良いのではないでしょうか。これが、普段CDにあまり金を遣わず、主に着うたや配信で音楽を聴いている知的水準の低い(こう書くと怒る人たちがいるのは承知していますが、実際HMViTunes Storeのカスタマー・レビューでの「○○最高!全曲最高!!とにかくイイからみんなも聴いてみて!」といった書き込みを見るとそう思いたくなるのは致し方のないところではないでしょうか)層が支えているといっても過言ではない現在の日本の音楽市場で正確に理解されるかというと甚だ疑問ではありますが...。それに、これが成功して軌道にのった暁には、CDというメディアはLPのように一気にコレクターズ・アイテムへの道に進んでいく可能性だってあるわけで、そうなってしまうとそれはそれで寂しいものがありますよね。今レコード会社が躍起になっている紙ジャケどころの話ではなくなってしまうわけで。“○○の新作、1万枚限定でCD版リリース決定!”なんて時代が来たら僕は正直困りますね。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://episode666.blog21.fc2.com/tb.php/306-04eff172
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。