Music's Gonna Set Me Free...
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
6758CD_216.jpg

RATING: 7/10

EXHUMEDのマット・ハーヴェイ(Vo,G)が本業とは別にやっているレトロ・スラッシュ・バンドの8年ぶりの2作目。その前作「WE WILL DESTROY...YOU WILL OBEY!」はヨーロピアン・テイストの強い直球勝負のスタイルでしたが、今作ではそこから幅を広げて80年代スラッシュ全般にインスピレーションを求めた、METALLICASLAYEREXODUSTESTAMENTANTHRAXKREATORといった元ネタが一発で判るリフやソロで埋め尽くされています。前作でも一部にその傾向は表れていましたが、今作ではそれがより確信犯的に押し出されています。それが先達へのリスペクト、オマージュといえば聞こえはいいですが、今作に関してはいかにも昨今のスラッシュ・リヴァイヴァルの波に乗って出てきたぞと言わんばかりのあざとさばかりが鼻についてしまいます。同じレトロ・スラッシュでも先にレビューしたMERCILESS DEATHが良かったのはそのイノセントなバカっぷりが美しかったからであって、彼らの場合はそれよりも先に確信犯ぶりがモロに見えてしまうのがなんとも痛く、まだ前作のほうがイノセントだったと思えます。おまけに言えば今月のBURRN!誌に掲載されているインタビューもまた痛い(インタビュアーもインタビュアーだけに...)。期待は大きかっただけに、そこがちょっと残念。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
下線の文
2007/10/24(水) 00:54 | URL | darmuk #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://episode666.blog21.fc2.com/tb.php/284-862756a0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。