Music's Gonna Set Me Free...
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
cover_nightingal_white_darkness.jpg

RATING: 8/10

もはや自分でも把握しきれていないんじゃないかと思えるほどに数多くのプロジェクトに関わっている北欧デス・メタル界の鬼才、ダン・スワノがデス・メタルから離れて自身のメロウ・サイドを表現するNIGHTINGALEの、意味不明の漢字4文字(最後の字はいったい何て読むの?)だけのジャケットに思わず「なんじゃこりゃ」と呆気にとられてしまった4年ぶりの6作目。ゴシック/メランコリック・メタルから出発して、4作目「ALIVE AGAIN」で叙情AORハード・ロックに転身しましたが、今作ではそこからさらに歩を進め、'70年代後半のアメリカン・プログレ・ハードを彷彿させる荘厳かつドラマティックな路線へと移行しました。とはいえ曲は最長でも5分半とコンパクトにまとめられており、前2作に比べてゴージャスな装飾が取り払われて音作りが随分とシンプルになったせいか、普通声で歌わせてもかなり巧いスワノのダンディなヴォーカルがより際立った作りとなり、いずれにせよ肩肘張らずに聴ける大人向けの雰囲気がより強まった1枚といえます。過剰な哀愁、泣きをこれみよがしに押し出すことなく、あくまでライトな叙情性をサラッと聴かせる作りに個人的には好感が持てただけに、このジャケットではとても日本盤が出そうにないのが何とも勿体ありません。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
NIGHTINGALEは1stから好きですが、
ゴシックぽかったのがいきなりAORになった時は
正直面くらいましたが・・・良いんですよね。
ダンってホントにメロディのセンスがあるし、
歌もびっくりするくらい巧い。
Edge of Sanityから抜けたのは寂しかったけど、
彼の良さってデスメタルだけじゃ足りなさすぎるのかも。
申し遅れましたが、元SHIN250こと現talltalesといいます。
アメブロに引っ越したので良かったら。
2007/06/30(土) 00:16 | URL | talltales #eqP7eH0Y[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://episode666.blog21.fc2.com/tb.php/274-b726faab
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。