Music's Gonna Set Me Free...
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
CANDLE182CD.jpg

RATING: 8.5/10

しかしそれにしても、ポーランドという国のデス/ブラック・メタル・バンドのレヴェルの高さには相変わらず驚嘆するしかありません。最近ではINFERNAL WARがブッちぎった新作を出しましたが、2年前の前作「ARMAGEDDON'S EVOLUTION」も強力だったCRIONICSの3作目となる新作もポーランド勢の層の厚さを実感させるに十分な1枚です。その前作はEMPEROR直系のブルータルなシンフォニック・ブラックでしたが、今作ではそのシンフォニックなストリングスがスペイシーなシンセ音にとって代わったことによりサイバーな雰囲気を打ち出しつつ、プロダクションがより重さとキレを増し、全体の質感は一気にブルータル・デス化したような印象です。ブラスト主体で飛ばす曲調は以前のままながら、殺戮リフを活かしたミドル・パートもテンションを落とさずに取り込むなど、ツボを心得たメリハリのつけ方が印象的です。終盤になるとモロにFEAR FACTORY化してしまいますが、それとて決して印象を悪化させるわけではなく(目下の本家がこの路線から降りたこともあってか)、あくまで自然な新機軸として受け入れたくなる、バンドの着実なステップ・アップをアピールした快作です。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://episode666.blog21.fc2.com/tb.php/264-aeb60ae8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。