Music's Gonna Set Me Free...
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
hy1.jpg

RATING: 7.5/10

ダイムバッグ・ダレルの死から2年を過ぎ、いよいよ本格的に活動を再開したヴィニー・ポール(Ds)のファースト・アクションとなる、MUDVAYNENOTHINGFACEのメンバーを迎えて結成した"The Ultimate Metal Supergroup"と言うには些か地味なニュー・バンドのデビュー作。基本はPANTERAを思わせるゴリ押しヘヴィ・グルーヴ・サウンドで、そこにMUDVAYNE譲りの立体的な音作りとサザン・ブルースの泥臭いアコースティック色が加わる形をとっていますが、いずれにせよ現在、“ヴィニー・ポールをフィーチュアしたバンド”に求められているものは概ね表現されていると言ってもいいでしょう。このジャケットもその決意を伝えています。

それ故に、「ここでダレルのあのリフ、あのソロが入っていたら...」とか「ここでフィルのあのヴォーカルが聴けたら...」という場面がいくつか見受けられるのも事実ですが(特に"Alcohaulin' Ass"のようなブルージーな曲ではやはりチャド・グレイのヴォーカルの深みのなさが気になる)、それとて今作の評価を貶めるものにはならず、至って豪快かつキャッチーなアメリカン・メタルの佳作に仕上げられています。

なお先頃ジェリー・モンタノ(B)が早くも脱退、後任として元DAMAGEPLANのボブ・ジラが加入しました(ていうか、後に入れるのはもうこの人しかいないような)。MUDVAYNEも活動を続行するということで、このメンツがいつまで続くかという不安もありますが、やはり継続的な活動を望みたいものです。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
試聴しましたがなんていうか
異様な音でした。
太鼓とボーカルは迫力あるんですが
音のこもり具合がちょっと苦手です。
2007/04/28(土) 08:55 | URL | ミュジニー #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://episode666.blog21.fc2.com/tb.php/254-e1bab45c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。