Music's Gonna Set Me Free...
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
cob

CHILDREN OF BODOMは“田舎の不良(ワル)”である...2年半ぶりとなる5作目を聴いて、ふとそんな思いを抱きました。前作「HATE CREW DEATHROLL」の"You're Better Off Dead"(“お前、死んだほうがマシだぜ”)や今作の「お前はまだ死んでるのか?」というダイレクトなタイトルは渋谷あたりにタムロするストリート・ギャングの都会的洗練よりも北関東や房総あたりの暴走族の不器用さを連想させます。

それは音についてもいえることで、前作と昨年のEP「TRASHED,LOST & STRUNGOUT」で確立した極悪不良メタル路線をさらに推し進め、しばしばUSメタルコアを多分に意識したと評される今作ですが、随所で聴かれるメロディアスなリフ・ワークや流麗なギターとキーボードのバトルからは「やはり“ルーツ”は隠せない」という一面を垣間見せます。また前評判の段階で囁かれていたインダストリアル色もあくまで隠し味程度にとどめられており、当然のことながらCOBサウンドを根本から変えるには至っていません。たとえ洗練を極めた現在のUSメタルコアを意識しようとも、完全にそうなりきれない。その不器用さが実に田舎っぽい。ついでにボーナス・トラックでブリトニー・スピアーズやPOISONをカヴァーしてしまうセンスもまた田舎っぽい。

初期のテクニカル・メロディック・デス路線にこだわりを持つファンからは早くも「COBは終わった」という声も聞かれる今作ですが、今やその不器用さとそれ故に生まれる熱さこそが現在のCOBの魅力ではないでしょうか。今作はそれを如実に伝えています。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
>strombladさん
僕も今作の方向性は好意的に捉えていますが、
この1曲、というキラー・チューンが無いのが惜しいところです。
シングルとなった"In Your Face"はいい感じですが...。
しかし、それでもハイ・クオリティなアルバムであることは間違いありません。
2005/09/18(日) 01:26 | URL | chaos666 #-[ 編集]
こんばんは、TBありがとうございます。むむむ、なるほど、そういう観方もあるなあと思って見させていただきました。インダストリアル色とかハードコア色とか、確かにそんなに気にならず、COBらしさの方が強く感じ取れると私も思います。まだ聴き込み全然足りてませんけど・・・こちらもいづれ私も記事にしたいと思っております。
2005/09/16(金) 00:30 | URL | stromblad #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://episode666.blog21.fc2.com/tb.php/24-8872a61e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
アー・ユー・デッド・イェット?チルドレン・オブ・ボドム 曲名リスト1. リヴィング・デッド・ビート2. アー・ユー・デッド・イェット?3. イフ・ユー・ウォント・ピース…プリペア・フォー
2005/09/30(金) 00:28:53 | MURK DWELLERS
アー・ユー・デッド・イェット? September Finnish Invasionの第二回です。 今回はChildren Of Bodomの新譜「Are You Dead Yet?」です。 6回ほど聴いた後の感想としては、曲は相変わらずいいです。一部で囁かれているほど劇的な変化を遂げたわけでなく、今までのChildre..
2005/09/18(日) 15:59:34 | OUT IN THE COLD (孤独の叫び)
実は、俺は以前、チルボドが苦手だった。買ったアルバムを人にあげてしまう程だからね!(爆)何が嫌いかって言ったら、アレキシの声だったのかな?でも、昨日聴きながら出勤
2005/09/17(土) 18:23:46 | 変態のつぶやき?
 初回限定DVD付きを予約していたはずが、amazonからは「発売中止」の案内が数週間前にありました。結局通常品のみの発売となりましたが、あとから聞くと初回特典のDVDを運送会社が紛失したとか。 さて、内容的に賛否両論出るであろうCOBのニュー・アルバムです。アー・ユー
2005/09/17(土) 10:05:56 | My Hobby ファラン
チルドレン・オブ・ボドム『アー・ユー・デッド・イェット?』<Review> 前作『Hate Crew Deathroll』に続く5th。 これまでは、ハイテンポで複雑なリフを刻みまくり、ネオクラシカルなGとKeyのバトルという図式。 そのため、3曲目くらいまでは、凄くかっ...
2005/09/16(金) 22:01:07 | HR/HMを良い音で聴こう
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。