Music's Gonna Set Me Free...
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
nr3.jpg

RATING: 8/10

トーマス"いったいいくつバンド掛け持ちしてんだ"リンドバーグ(Vo)とガス・G(G/FIREWIND)がメンツに名を連ねていたことからどうしてもスーパー・バンド的な見方をされてきたNIGHTRAGEですが、今回中心人物のマリオス・イリオポウロス(G)以外のメンバー総入れ替え、レーベルもCentury MediaからLifeforceに移籍という、イメージ面では明らかにマイナスとしか言いようのない変化を経ての2年ぶりの3作目。

シャープな切れ味と重さを両立させたプロダクションやクリーン・ヴォイスの導入(頭5曲のみ)などからメタルコア化したと言われる今作ですが、曲調自体は前2作のメロディック・デス路線を踏襲しており、言うならば「3rd~5th時のIN FLAMESに代表されるイエテボリ・スタイルを都会的に洗練したような音」といったところでしょう。新ヴォーカルはリンドバーグとは異なる噛み付くようなシャウト・スタイルですが、気合の入り方が前任者と比べても一切引けはとっていない上、今回全ギター・バートを独りで手掛けたマリオスのプレイもリフ、ソロの両面で冴え渡っており(リード・プレイの閃きぶりは一時のイェスパー・ストロムブラッドに匹敵するほど。特にM6"De-Fame"のイントロは絶品)、少なくともリンドバーグとガス・Gという大物2人の離脱という痛手は感じさせません。そして何よりも、いくらメタルコア化したと言われようとも、付け焼き刃的に北欧メロデスを取り入れたUSメタルコアとは根本から違うんだというマリオス(彼もギリシャ人ですが)の矜持を強く感じさせます。バンドとしての格は落ちたのかもしれませんが、音の格までが落ちてしまったわけではありません。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://episode666.blog21.fc2.com/tb.php/236-5b578d7b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。