Music's Gonna Set Me Free...
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
rasmus


昨日「限定盤のDVDはショボい」と言い切ったフィンランドの哀愁歌メロ王の2年半ぶりの新作です。前作「DEAD LETTERS」は日本では昨年夏に出たのでそれほど久々という感じはしませんが、もうそんなに経っていたのですね。というわけで、僕は通常盤で購入しました。

しかし今作の充実振りはちょっと凄い。前作の大成功で制作予算が大幅アップしたのかもしれませんが、プロダクションが前作までから一気に垢抜け、堂々たるメジャー級の風格が漂ってきます。そのある種ゴージャスなアレンジが最大の売りである「声自体に哀愁漂いまくりのラウリ・ヨーネンが歌う哀愁メロディ」と完全に一体化し、これでもかというほどにドラマティックな音世界を作り上げています。曲構成自体は至ってシンプルなのに、アレンジだけでドラマティックと思わせてしまうこの凄さ。それが今作の最大の魅力でしょう。特に中盤以降の盛り上がりは尋常ではありません。その中の"Dead Promises"には同郷のチェロ・メタル・トリオAPOCALYPTICAが自分達のアルバムにヨーネンが参加してくれたお返しにゲスト参加しています。

前作で一気にファン層を拡大した彼らがそんなファンの期待に十二分過ぎるほどに応えた快心の傑作です。そんな1枚だけに、ライナーノーツの最後で執筆者がライナーを私物化しているのが残念です。お前がミカエル・アーランドソンをそれほどまでに好きなのは分かったから。どうでもいいんですけど。

スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
こんばんは。私もつい先ほど聴きましたが(実はRASMUS聴くの初めて)思ったより良かったのでビックリ。とりあえず私の記事でも名前を出したので合わせてこちらの記事にリンク貼らせていただきました。
COBの新譜と同時に聴いていなければもっと凄い!という印象を持ったかもしれませんが・・・
2005/09/14(水) 23:35 | URL | stromblad #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://episode666.blog21.fc2.com/tb.php/22-793f61d4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
デス/スラッシュ/メタルコアといったメタルが好きな人間による無謀とも思えるThe Rasmusの新譜のレビュー。私財をはたいて趣味の範囲外のバンドに手を出した結果は…?
2005/09/23(金) 11:37:01 | THE WORLD HEAVIEST HEAVY METAL BLOG(笑)
『HIDE FROM THE SUN』ShotNight after night (out of the shadows)No fearLucifer's angelLast generationDead promisesImmortalSail awayKeep your heart brokenHeart of miseryDon't let goTrigger (Japan only)No fear -Vrenna Remix- (Japan only)下の記事で書いたThe R
2005/09/17(土) 21:09:29 | SNOWBRANCH★
みなさんもう聴きましたか? 欧州では数年前より、日本では昨年から大人気の、フィンランド発極上ゴスロック若手バンド、The RASMUSのニューアルバム「Hide From The Sun」です。私はこのバンド本作が初聴きです。以前から名前は聴いたことがありましたが、「メタル」として
2005/09/17(土) 17:27:24 | パパメタラーの物置
■THE RASMUS - HIDE FROM THE SUNしかし今作の充実振りはちょっと凄い。前作の大成功で制作予算が大幅アップしたのかもしれませんが、プロダクションが前作までから一気に垢抜け、堂々たるメ
2005/09/15(木) 06:34:26 | The Rasmus Blog
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。