Music's Gonna Set Me Free...
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
notw.jpg

11月24日、フレディ・マーキュリーの命日にQUEENについてのエントリーをポストするのもこれで3回目となりました。過去2年は「A NIGHT AT THE OPERA」を取り上げましたが、今年はなんといってもサッカーのワールド・カップ・イヤー。世界中でイヤというほど流され、歌われたことであろう"We Will Rock You""We Are The Champions"という2大アンセムを収めた'78年リリースの6作目を取り上げることにします。

本格的なアメリカ進出を意識して(当時猛威をふるっていたパンクへの意識もあったと思いますが)シンプルな曲が中心となったとされる今作ですが、僕にとって今作を特別なものにしているのは"Spread Your Wings"の存在です。フレディの見事な歌いっぷりが印象に残る名バラードですが、この曲がジョン・ディーコンのペンによるものであるということがもっと凄いですね。これまで作曲面での貢献度が小さかったジョンとロジャー・テイラーが今作あたりから曲作りの腕を上げていったのがよくわかりますが、ロジャーが自分で書いた曲で自らリード・ヴォーカルをとっていたのに対し、ジョンは最後まで自ら歌うことはありませんでした。そんな彼がこんな名曲を書いてしまうのですから恐ろしいものです。そしてその世界観を伝えきったフレディのパフォーマンスもまた素晴らしい。この曲は後にBLIND GUARDIANやトミー・ショウらによってカヴァーされますが、どれもフレディの域には肉迫できていません。

今作のシンプルな作風とそれまでのQUEENらしからぬジャケットが当時賛否両論を呼びましたが、その後の大衆化路線の先駆けとして、今作の持つ意味合いは大きいといえるでしょう。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
どうしてもルックスが苦手です。
Spread Your Wingsって聴いたことが無いかもしれないです...
2006/11/25(土) 17:46 | URL | ミュジニー #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://episode666.blog21.fc2.com/tb.php/214-354ea7bf
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。