Music's Gonna Set Me Free...
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
From BLABBERMOUTH.NET

DEICIDEの中心メンバー、グレン・ベントン(Vo,B)とスティーヴ・アシャイム(Ds)がEaracheのレーベル・サイトで募集したファンからの質問に答えましたが、やはりというべきか、恐れを知らぬ質問をする者が現れました。ここではベントンに向けられた質問を御紹介します。

Q: 最近DISSECTIONのジョン・ノトヴェイトが自殺しましたが、それについてどう思いますか?これは彼自身のサタニズムへの信念に従ったものといわれています。かつてあなたが自殺すると宣言したことを考慮した場合、それについてはどう思いますか?

Glen: 俺達は皆子供じみた愚鈍な発言をしてきた。俺は自殺に名誉なんて見出せないし、責任をもって生きたり檻に入れられるような行動をする代わりに自殺するというのは愚か者や負け犬のすることだ。奴に対して申し訳ないと思うかって?ノーだ。奴が殺したのは誰かの子供であり、2人の子供を持つ責任ある父親としては、俺は奴が自殺を選ぶ前に殺してやろうと、出所するのを待っていたのだが...。

Q: 最近になって、ラルフ・サントーラ(G)がクリスチャンであり、DEICIDEのアートワークに反対したり、DEICIDEの邪悪さから自分を守るためにステージで十字架をつけることさえあったということを知りました。質問は単純です。これはジョークですか?そうでなければ、あなたはファンがDEICIDEのサタニズムへのスタンスを疑いかねないというリスクを負うことになります。率直に言って、あなたが猛烈なアンチ・クリスチャンであることが信じ難いです。

Glen: ラルフはJoey Buttafuocoと同じくらい敬虔なクリスチャンだ。だが不敬な言葉を書いているのは俺だということを皆知っている。ラルフがそれにウンザリしているかって?そんなの知るか!お前が何を信じてようと誰が気にするかというのと同じだ!お前はどれだけのクリスチャンがDEICIDEを聴いているかということを知ったら驚くぜ。それがクズになっても心配するな。GBはお前が尊敬すべき唯一の人間だ。

Q: グレンのサタニストとしての評判には多くの憶測が流れています。かつてグレンは33歳になったらキリストへのアンチテーゼとして自らの運命を全うするために自殺すると発言しました。しかし彼は33歳を過ぎても未だ健在です。別に彼に死んでほしいというわけではなく、ただ何故彼がそのような大言をしながらそれを実行しなかったのかが奇妙に思えます。これはただの酔っ払いの戯言だったのでしょうか?グレンは反逆のステージから降りてしまったのでしょうか?別にDEICIDEの音楽の高潔さを批判しているのではなく、ただグレンの以前のモラルを問いたいのです。

Glen: 俺達はUKのRawという雑誌のライターとフォトグラファーとタンパのホテルで会い、撮影を行った。その後バーに行って例の話をしたんだ。その中で仮説として、俺が33歳で死ぬんじゃないかという話になったんだ。なんでそんなこと言ったかって?知るか!それが俺自身に降りかかると思ってはいなかった。俺は酔っ払っていたんだ。こんな戯言をこんなにも多くの奴らが覚えているとは思ってもいなかった。33歳の時、背中に息子を抱えてバイクで走っている時に酷い事故に遭ったことがある。そのときは軽傷で済んだが、俺はそのときにマジで自殺しようか、それともベストを尽くそうか考えたよ。そして俺は今ここに息子と共にいる。あの時死ななくて良かったと思う。道路は注意して見たほうがいいな。


ベントンのこの開き直りようにBLABBERMOUTHのコメント欄は予想通りの大荒れ状態となり、「偽善者」「死ね」「自殺しろ」「グレンはクリスチャン」といった非難が出る一方、「もしあの時自殺していたら"The Stench Of Redemption"は聴けなかったんだぜ」という擁護のコメントもいくつか見られます。ただひとつ言えるのは、ベントンが間違いなくノトヴェイトに対して「何てことしてくれたんだ...俺の立場はどうなるんだよ!」と思っているだろうということですね。おまけにラルフ・サントーラが実はクリスチャンであったということまで暴露されてしまい、DEICIDEのトゥルー・サタニストとしての威厳はすっかり地に堕ちてしまいそうですが、トム・アラヤもクリスチャンのようですし、別にいいんじゃないでしょうかね。今後はエンターテインメントに徹していけば。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
お久しぶりです。
グレン・ベントンはノトヴェイトの件で見事にとばっちりを食ってしまいましたね。
しかしラルフ・サントーラがクリスチャンだったというのには笑いましたね。
いずれにせよ、今回の開き直りが今後の活動に良い方向に進んでくれることを期待したいものです。
ZYKLONの新作は僕も聴きました。
前作より良いとは思いますが、1stは超えてはいないかな...といったところです。
2006/09/09(土) 23:46 | URL | chaos666 #-[ 編集]
ラルフ・サントーラがクリスチャンだってことは知らなかったです。
まあ、どっちでもいいですが
DEICIDEの新作聞きましたがまあまあ良かったです。
ザイクロンも新作出ましたね
2006/09/08(金) 21:56 | URL | ミュジニー #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://episode666.blog21.fc2.com/tb.php/195-a3445d07
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。