Music's Gonna Set Me Free...
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Best Best
Jellyfish (2006/06/06)
Virgin

この商品の詳細を見る
デビュー作にしていきなりパワー・ポップの"指標"を提示してしまった「BELLYBUTTON」と、そこから一転してバンド・サウンドへのこだわりを捨て去り、凝りまくったアレンジでメルヘンチックなポップ・ワールドを作り上げた歴史的名盤「SPILT MILK」というわずか2枚のオリジナル・アルバムで世界中のポップ・シーンに現在に至るまで多大な影響を与え続けるJELLYFISHのベスト・アルバムが唐突なタイミングでリリースされました。先日アンディ・スターマーと共にバンドの核であったロジャー・ジョセフ・マニング・Jr.の初のソロ・アルバムがリリースされましたが(これもフォロワーが束になっても再現できないJELLYFISHサウンドを本家のメンバーだった人間がたった一人で再現してしまった力作です)、これは今のところ日本でしか出ていないので、それがリリースの契機になったとも思えませんし、なんとも妙な感じです。

しかし、内容のほうは初CD化音源1曲を含むレア・トラックも収められていたり、バンドの歴史やバンドに関わったメンバーの"その後"も詳細に記されたライナー・ノーツもついていたりで、単なる集金目的にとどまらないJELLYFISHへの愛情が感じられる好企画盤となっています。代表曲にしてエヴァーグリーンといえる"Joining A Fan Club"(2003年にリリースされたボックス・セット「FAN CLUB」は言うまでもなくこの曲からタイトルをとっています。僕も持っています)で始まり、ラストをバンドの最後のレコーディング音源となったハリー・ニルソンのカヴァー"Think About Your Troubles"で締めるところにもこだわりを感じます。

JELLYFISHの影響云々という触れ込みで世に出るポップ・アルバムは数あれど、その殆どが「どこが?」と思ってしまうほど、JELLYFISHの残した軌跡は偉大であり、オンリー・ワンであったことをこのベスト盤で再確認できます。未体験者には特におすすめです。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
お久しぶりです。
このベスト盤は現在は輸入盤のみで、
日本ではiTunesで配信されていますが、
ファンならやはりパッケージで持っておきたいところですね。
値段も安いので(Amazonなら1,686円)非常にお買い得では...。
2006/05/16(火) 01:46 | URL | chaos666 #-[ 編集]
こんなものが出るのですね!
ロジャーのSOLOも良かったですね、来日もしますね(単独公演希望!)買っときますか!
そういや、BOX SET全然聴いてないし、おまけのTシャツも空けてないや、、、
2006/05/15(月) 14:31 | URL | よろけ牛 #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://episode666.blog21.fc2.com/tb.php/147-34a17edd
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。