Music's Gonna Set Me Free...
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
cd1.jpg

90年代の半ば、THE WILDHEARTSTHE ALMIGHTYTHERAPY?など、UKのハードかつパンキッシュなR&Rを貪るように聴いていた時期があったのですが、その中で短命ながらも強烈なインパクトを残したのがこのCHINA DRUMでした。

短命とは言いつつも、結成は'89年と意外と古く、活動初期にはSNUFFLEATHERFACEなどとライヴをやっていたという経歴からも分かるように、先述のバンド達に比べてメロディック・パンク色が圧倒的に濃い音楽性を身上としていました。そして長い下積みを経て'96年にリリースしたのが今回ご紹介するデビュー作です。当時はGREEN DAYを始めとするメロディック・パンクの全盛期。当時リリースされた日本盤でもメロディック・パンクとして大々的に売り出されていましたが、決してその枠に収まりきらない幅広い引き出しを持っていたように思います。僕がこのバンドに興味を持ったのはTHE ALMIGHTYTHERAPY?を手掛けたクリス・シェルドンがプロデュースしていたからでしたが、実際聴いてみてあまりの格好良さにKOされてしまったのを思い出します。ドラマーがリード・ヴォーカルを兼任するユニークなトリオ編成でしたが、そのヴォーカルが歌うメロディが男の哀愁に満ちており、ドライヴ感溢れるリズムと一体となって疾走する音に引き込まれていきます。オープニングの"Can't Stop These Things"から"Cloud 9"への流れが最高ですが、アコースティックを持ち込んだ"Biscuit Barrell F.M.R."の男泣きがまた素晴らしい。THE POLICEからも影響を受けているようで、時折それを垣間見せるアンサンブルやアレンジも当時の同系統のバンドとは一線を画していました。

彼らの音楽にはメロディック・パンクのファン以外にもアピールし得るだけの魅力があったと思うのですが、残念ながらそうはなりませんでした。また、当時のUKのシーンがブリット・ポップに傾いていたこともあって苦戦を強いられ、'98年に2作目「SELF MADE MANIAC」をリリースした後THE DRUMと改名し、音楽性もオルタナティヴ寄りにシフトしますが、結局そのままシーンから消えてしまいました。しかしながら、このデビュー作の輝きはリリースから10年を経た今も失われていません。ホントいいバンドだったんですけどね...返す返すも残念です。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://episode666.blog21.fc2.com/tb.php/138-ecb04afb
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。