Music's Gonna Set Me Free...
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
kok.jpg

ノルウェーの中堅ブラック・メタル・バンドによるフルレンスとしては7年ぶりとなる3作目。前作「AGNEN (A JOURNEY THROUGH THE DARK)」リリース後に中心人物のオブシディアン・C(G)以外の全メンバーが脱退、2003年リリースのEP「RECLAIM」はヴォーカルにアッティラ(MAYHEM/ABORYM etc.)、ドラムにフロスト(SATYRICON/1349)という豪華な布陣を迎えて制作されましたが、今作は新メンバーでバンドを建て直しての心機一転作となりました。

邪悪なリフと激速ブラストによるスウェディッシュ・ブラック的な暴力性重視のスタイルにドラマティックな曲展開を盛り込んだ音楽性は今作でも依然健在ながら、今作ではやたら歯切れの良いリフとドライヴ感漲るリズムがR&R的とすらいえるノリの良さを生み出しており、暴力性と聴き易さを高次元で両立させた個性的なサウンドを作り上げています。新メンバー3名の力量も申し分なく、このところの寡作のせいで今ひとつだった知名度を一線級まで引き上げて然るべき力作となりました。ぜひともこのメンバーのままで安定した活動を続けてもらいたいものです。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://episode666.blog21.fc2.com/tb.php/135-825581b3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。