Music's Gonna Set Me Free...
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
From CDJournal.com

2004年にブリティッシュ・ブルース・ロックの新星として華々しいデビューを飾った22-20sMyspace内の自身のページ上で解散を表明しました。どうやら長過ぎるツアーに疲れ切ってしまったというのが原因のようです。

とにかく、このバンドはCCCDに泣かされたバンドという印象がありますね。結果的に唯一のオリジナル作となってしまったアルバムはもとより、デビュー・ライヴEPと日本オンリーのライヴ盤もすべて日本盤はCCCD…僕はライヴEPとアルバムはなんとかNon-CCCDで購入することができましたが、ライヴ盤はiTunesで配信してくれないため、未だに購入することができません。試聴したところでは相当クールなのですが…。もし日本でもこれらの作品がすべてNon-CCCDならば、もっと人気が出てもおかしくなかったと信じてやみません。それに、ブルース・ロックに現代の若者ならではの爆発的なエナジーを封じ込めた音楽性はブリティッシュHRを崇拝するファンにとっても決して無縁ではなかったはずです。

中心人物のマーティン・トリンブル(Vo,G)はソロ活動に向けて動いているという話ですが、22-20sのあの音はバンドだからこそ作り得たものだと思っているだけに、きっとソロ作品が出ても22-20sの音を初めて聴いたときの興奮はもう味わえないのだろうなぁ、と思っています。返す返すも本当に残念です。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://episode666.blog21.fc2.com/tb.php/106-d3d2bb3d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。