Music's Gonna Set Me Free...
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
TERRORIZER誌の2006年1月号で、スタッフが選んだ2005年ベスト・アルバムとリーダーズ・ポールが発表されました。

Writers' Albums Of The Year:
01.MESHUGGAH – CATCH THIRTYTHREE
02.JESU – JESU
03.CATHEDRAL – THE GARDEN OF UNEARTHLY DELIGHTS
04.DEATHSPELL OMEGA – KENOSE
05.OPETH – GHOST REVERIES
06.THE AXIS OF PERDITION – DELETED SCENES FROM THE TRANSITION HOSPITAL
07.BURST – ORIGO
08.CANDLEMASS – CANDLEMASS
09.AKERCOCKE – WORDS THAT GO UNSPOKEN, DEEDS THAT GO UNDONE
10.RED SPAROWES – AT THE SOUNDLESS DAWN

Readers’ Albums Of The Year:
01.OPETH – GHOST REVERIES
02.AKERCOCKE – WORDS THAT GO UNSPOKEN, DEEDS THAT GO UNDONE
03.NILE – ANNIHILATION OF THE WICKED
04.OBITUARY- FROZEN IN TIME
05.NEVERMORE – THIS GODLESS ENDEAVOR
06.CRYPTOPSY – ONCE WAS NOT
07.CATHEDRAL – THE GARDEN OF UNEARTHLY DELIGHTS
08.CLUTCH – ROBOT HIVE/EXODUS
09.CRIMINAL – SICARIO
10.ARCTURUS – SIDESHOW SYMPHONIES

Readers' Poll:
Best Artist : OPETH
Best Musician : Mikael Akerfeldt(OPETH)
Best Vocalist : Mikael Akerfeldt(OPETH)
Best Live Act :IRON MAIDEN
Personality Of The Year : Bruce Dickinson(IRON MAIDEN)
Best Newcomer : TRIVIUM
Most Shaggable Male : Hal Sinden(INTERLOCK)
Most Shaggable Female : Cristina Scabbia(LACUNA COIL)
Least Shaggable Artist : Mortiis
Best Cover Art : OPETH – GHOST REVERIES

Worst Artist : HIM
Most Disappointing Artist : TRIVIUM


スタッフと読者との間でアルバム部門はかなり違いが出ており、MESHUGGAHで最も敷居の高いアルバムを1位に選ぶ視点が凄いですね。また、どちらも他誌では上位につけているSYSTEM OF A DOWNがエントリーすらしていないのもまた凄いですね。「MEZMERIZE」がスタッフ・アルバム部門の36位に入っていたぐらいです。このあたりにもTERRORIZERという雑誌の濃さを感じます。一方、リーダーズ・ポールは完全にOPETHの1人勝ち状態。また、ここで興味深いのがTRIVIUM"Best Newcomer""Most Disappointing Artist"に選ばれている点です。TRIVIUMは厳密には新人ではないため、このような結果になったのだと思いますが、妙にメジャー感の強いアルバムの内容が双方の票を集めたのでしょう。
"shaggable"とは“格好良い/セクシーな”という意味だと思われますが、"Least"のモーティースの選出には思わず納得…。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://episode666.blog21.fc2.com/tb.php/102-66efaded
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。