Music's Gonna Set Me Free...
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
onslaughtsounds.jpg

RATING: 8/10

先日日本語字幕版が発売された「Get Thrashed」DVDのボーナス映像の中で「イギリスで一番のスラッシュ・バンド」と称賛されたONSLAUGHTの再結成第2弾となる3年ぶりの5作目。同じDVDではMUNICIPAL WASTEが3作目「In Search Of Sanity」が大好きだとコメントしていますが、日本では代表作に挙げられるあのアルバムはレコード会社の言いなりになって作られた異色作なわけで(勿論、あれはあれで出来は素晴らしいのですが)、あくまでONSLAUGHTはこちらが本道と言わんばかりにストレートなスラッシュにこだわった路線を貫いています。1st、2ndの流れにあるペンタグラムをモチーフにしたジャケットもカッコ良い。

楽曲的には前作の路線を踏襲し、速さのみで押しまくることなく緩急のバランスに気を遣った、至ってオーソドックスなスラッシュ・メタルといえるものですが、その中で特に強い印象を残すのがサイ・キーラーのヴォーカル。前作から狂的な色合いを一気に増し、線は細いものの気迫と殺気だけは満点という新たなスタイルを確立し、インスト陣がまるで彼の噛み付くかのようなシャウトやグロウルに引っ張られるかのように気合いの入った演奏を見せつける。そのため曲の速い遅いにかかわらず終始テンションが落ちないのが見事であり、若手には出せない味わいと即効性のあるエキサイトメントを両立させた、濃密な聴き応えを持った1枚となりました。本編は最初と最後がSEで実質8曲なので、買うならボーナス3曲入りの日本盤が良いでしょう。

スポンサーサイト
alpha_Rev.jpg

From mikeportnoy.com

AVENGED SEVENFOLDとの活動終了などもあってか?発表が遅れていたマイク・ポートノイの2010年ベスト・アルバム10枚(順不同)がようやく発表されました。

01. Alpha Rev - New Morning
02. The Pineapple Thief - Someone Here Is Missing
03. Karnivool - Sound Awake
04. Periphery
05. Taylor Hawkins and the Coattail Riders - Red Light Fever
06. Shining - Blackjazz
07. Pain Of Salvation - Road Salt One
08. Slash
09. Deftones - Diamond Eyes
10. Spock's Beard - X

And of course:
--- Transatlantic - Whirld Tour 2010
--- Avenged Sevenfold - Nightmare

 
ここで異彩を放っているALPHA REVは僕は未聴ですが、COLDPLAY系の美旋律ロック・バンドだそうで、日本盤発売時に「とくダネ」で小倉さんが紹介していたということです。なお、その日本盤はここに掲載しているオリジナル・ジャケットからバンド・ショットを用いたものに差し替えられています。もういい加減やめませんかね、地味だからって日本盤だけ勝手にジャケット変更するのは。

で...やっぱり入れてましたね、SHININGを。相変わらず判り易いですね、この人は。
imaidenff.jpg

新年明けましておめでとうございます。本年もよろしくお願い申し上げます。

さて、2011年1発目のエントリーはUKの「Metal Hammer」誌が選ぶ2011年ベスト・アルバムです(2011年1月号掲載)。誌面では50位まで発表されていますが、ここではTop10をご紹介します。

01. IRON MAIDEN "The Final Frontier"
02. ALTER BRIDGE "III"
03. DEFTONES "Diamond Eyes"
04. KILLING JOKE "Absolute Dissent"
05. AIRBOURNE "No Guts. No Glory."
06. TRIPTYKON "Eparistera Daimones"
07. SLASH "Slash"
08. CATHEDRAL "The Guessing Game"
09. PARKWAY DRIVE "Deep Blue"
10. CANCER BATS "Bears, Mayors, Scraps & Bones"


英米でのMAIDENが再び黄金期に入ったことを証明するかのようにここにきてダメ押しで1位をゲット。DEFTONESTRIPTYKONらと鎬を削る“2010年の顔”争いから一歩抜きんでた感があります。またALTER BRIDGEがここで2位に入り、マイルス・ケネディがスラッシュ効果で大きく名を上げたことを実証する結果となりました。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。