Music's Gonna Set Me Free...
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
wakeman1.jpg

7月に発売されたYESの紙ジャケSHM-CDは久々にほぼ全タイトルが瞬殺となり、改めてYESというブランドの威光をまざまざと見せつける形となりました。特に熱帯雨林でのプレミアぶりは凄まじいものがあり、これで新規リマスター+高音質CD化+アナログ初回盤帯復刻という“紙ジャケ再発・勝利の方程式”(勝手に命名)が完全に確立されたといってもいいでしょう。そしてそれに続けとばかりに、今度はリック・ウェイクマンのA&M時代の作品8タイトルがその勝利の方程式を踏襲する形で再発されました。この中で注目はやはり“歴史・文芸3部作”として名高い初期3作になると思いますが、個人的には'73年リリースのソロ・デビュー作となった「ヘンリー八世の六人の妻」が最も気に入っています。

本作はウェイクマンがYESに加入した直後から制作が開始され、YESのツアー中に読んだイギリスのチューダー王朝の2代目国王、ヘンリー8世に関する書物にインスパイアされたコンセプト・アルバムとなりました。本作は全編インストのため、いったいどこにコンセプトを見出せばいいんだ、って気もしますが、それがどうでもよくなってしまうほどに完成度の高い作品に仕上がっています。ウェイクマンによる多彩なキーボード・プレイは勿論のこと、バックのメンバーの演奏(特にYESの僚友ビル・ブラッフォードとアラン・ホワイトのドラムが素晴らしい)に支えられた、クラシックを中心にしつつジャズやフォークなどの要素を見事に一体化した優雅な世界観に加えて、終始ロック的な躍動感が貫かれていることもあって、シンフォニック・プログレの理想的な形が描き出されているといってもいいでしょう。個人的にはジャジーな疾走感が気持ち良い"Ann Of Cleaves"がお気に入りですが、他の曲もコンパクトにまとめられていることもあって、一気に聴き通せます。

本作はインスト作品としては異例の大ヒットを記録し、ウェイクマンがこれに気をよくしたことに加えて他のYESのメンバーとの人間関係が悪化したことにより、オーケストラとの共演ライヴ録音を敢行した次作「Journey To The Centre Of The Eatrh(地底探検)」リリース後にYESを脱退、オーケストラを率いてのド派手な活動を繰り広げていくことになります。結果的にはそれがプログレ衰退の遠因にもなってしまうわけですが、その原点となった本作は未だ色褪せない魅力を放ち続けています。
スポンサーサイト
QUEENがこの秋、CD1枚に全20曲を収録した初のオールタイム・ベスト・アルバムをリリースすることになりました。これまで日本のみでその手の編集盤はいくつか出ていましたが、全世界的にリリースされるものとしては初めてということになります。リリース時期はおそらく欧米がホリデー・シーズンに入る10月下旬~11月初旬頃でしょう。

で、現在オフィシャル・サイトではそのトラックリストを1曲ずつ当てるコンテストを行っています。正解者には抽選でレア・アイテムが当たることになっています。現在は1曲目が"We Will Rock You"であることだけが明らかにされていますが、今回僕も残りの19曲を勝手に予想することにしました。曲順まではさすがに難しいので、発表年の時系列でソートしてみました。全曲確定するまでこの記事をトップにあげておきます。

(7/28 追記)
2曲目は"We Are The Champions"でした。この記事も正解が出るたびに更新していきます。と言いつつも、今月はもう更新できないかもしれませんが...

(7/31 追記)
というわけで、ここまで5曲が明らかになりましたが、オフィシャル・サイトの投票欄では曲を候補から選ぶシステムになっていますが、その中に"Keep Yourself Alive"がありませんでした。よって1曲ハズレということになりました。残念。

01. We Will Rock You
02. We Are The Champions
03. Radio Ga Ga
04. Another One Bites The Dust
05. I Want It All
06. Crazy Little Thing Called Love
07. A Kind Of Magic
08. Under Pressure
09. One Vision
10. You're My Best Friend
11. Don't Stop Me Now
12. Killer Queen
13. These Are The Days Of Our Lives
14. Who Wants To Live Forever

15. Seven Seas Of Rhye
16. Heaven For Everyone
17. Somebody To Love
18. I Want To Break Free
19. The Show Must Go On
20. Bohemian Rhapsody

----------------------------------
(ハズレ)
Bicycle Race
Flash's Theme
Keep Yourself Alive


以前の「Greatest Hits」シリーズに入っていた曲を中心に、各オリジナル・アルバムから最低1曲ということにして選んでみました。本当は「Made In Heaven」からも選びたいところでしたが、シングル・カットされた"Heaven For Everyone"はロジャーのソロ曲のリメイク版だし、"Let Me Live"もいささか地味な曲だし、また"I Was Born To Love You"もフレディのソロのリメイクに加え、日本でしかヒットしていないし...ということで外しました。ほぼ鉄板の曲で固まったように思いますが、ライヴの定番曲ということでいえば"Tie Your Mother Down"とか"Hammer To Fall"とかも候補になりそうな気がします。しかしこれだけのキャリアのあるバンドのベストをCD1枚で作るというのは難しいですね。

(8/21 追記)
今日いよいよ全曲のトラックリストが公開となりました。僕の予想した曲のうち当たったのは19曲中16曲でした。予想に入っていなかった曲は斜字体としていますが、後期の曲の中でも"The Show Must Go On"に次いでカヴァーされる頻度の高い"Who Wants To Live Forever"が入るのはわかるとしても、他の2曲が"Bicycle Race"にとって代わるものかどうか、というのは意見が分かれるところでしょうね。
swashbuckle2.jpg

RATING: 8/10

ニュージャージー出身の3人組がNuclear Blastからリリースした2作目。前作は未聴。ジャケットはモロにALESTORMばりのパイレーツ・メタル系で、アーティスト写真でも海賊のコスプレをキメていることから音のほうもソレ系のパワー・メタルかと思いきや、出てきた音は至ってストレートなスラッシュ・メタル。野太い吐き捨て型ヴォーカルやマッチョなシンガロング・コーラスからはUSハードコアからの影響も見え、少なくともバンド・サウンドにおけるパイレーツ色は驚くほど薄く、そっち方面の要素は突然顔を出す、時にフォーキーだったり南国風味だったりするアコースティック・インストで表現しており、そのミスマッチぶりが人によってはウザくも感じられることでしょう。しかしその両面を融合するとスラッシーな爽快感が失われてしまいそうなので、とりあえずはこのままでもいいか...と思えるほど突撃スラッシュ・チューンの破壊力は際立っており、ヘッドバンガーズ・アルバムとしては間違いなく高品質の1枚といえます。

 
INFECTED.jpg

RATING: 8.5/10

イギリス出身の5人組によるデビュー作。音楽的にはゴア・グラインド寄りのブルータル・デス・メタルといえるものですが、最大の特徴はなんといってもその超絶技巧。ギター・ソロは一切ないものの、終始ハイ・スピードをキープしたまま目まぐるしく変化し続けるリズムとギターの絡みが一般的なロックやメタルのフォーマットを完全に無視して激音のウネリを作り出しており、歌詞の聞き取りが殆ど不可能なガテラル・ヴォイスがその混沌に拍車を掛ける。ベースはアルバムを聴く限りでは殆ど埋もれてしまっていますが、YouTubeのライヴ映像を見るとフィンガリングとスラッピングを超高速で繰り出しており、CDでは音は殆ど聞こえないのに実はベースが一番凄いことやってるというのがまた狂っている。まさしくフリー・アヴァンギャルド・ブルータル・デスとでもいえそうなユニークな音です。しばらく強烈なインパクトのなかったUnique Leaderの面目躍如といえる、個人的にはこれも2009年裏名盤候補の1枚です。



 

 
spanther.jpg

RATING: 8.5/10

日本盤発売前から話題沸騰の80年代ヘア・メタル・リヴァイヴァル・バンドによるデビュー作。ギタリストが元FIGHTだということはもうこの際どうでもいいでしょう。大半の曲で元ネタが見えてくる、パロディスレスレ...というより“そのもの”といえる曲が並びますが、その中でも"Fat Girl (Thar She Blows)"WHITESNAKE"Here I Go Again""Party All Day (Fuck All Night)"BON JOVI"Livin' On A Prayer"と殆ど同じ曲といっても過言ではないでしょう。しかしそれでも鬼の首を取ったように騒ぐ気にならないのは、確信犯的にエロい歌詞を乗せてパロディであることを自覚していることもさることながら、何よりも「この手の音がマジで好きだ!」という思いが音の隅々から伝わってくるからでしょう。だから僕のような、この手の音をメインに聴いてこなかったような者にも響いてくる。いずれにせよこれは1stだからこそ許される芸当であり、真価は次作以降に問われることになるでしょう。確かに今作は好きなアルバムだし売れてほしいとは思いますが、個人的にはこれで80年代が復権してほしいとは全く思いませんが。

なお、"Death To All But Metal"で「死ね」と攻撃しているPAPA ROACHも出場する「LOUD PARK 09」への出場も決定しましたが、(主催元が空気読んだのかもしれませんが)PAPA ROACHと別の日なのがちょっと残念。ここは同じ日に出て公開ディスり合いバトルでもやってほしかったような気がします。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。