Music's Gonna Set Me Free...
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
between_the_buried_an_me_-_colors.jpg

RATING: 9/10

ノースカロライナの5人組による、PANTERAQUEENCOUNTING CROWSDEPECHE MODEを同列でカヴァーするという離れ業をやってのけた「THE ANATOMY OF」を挟んでの2年ぶりの4作目。元々はニュースクール・ハードコア/メタルコアのフィールドから出てきたバンドでしたが、デビュー作の時点で既に他のバンドとは異なる、卓越したテクニックでプログレッシヴな曲展開をこなすブルータル・デスというべきオリジナリティを打ち出していました。作を重ねるごとにそのオリジナリティは強まり、前作「ALASKA」ではブルータル・デスとメジャーな歌メロの同居さえも成功させましたが、今作では持ち前のプログレ色を全面解放し、遂にプログ・メタルの領域まで突き抜けてきました。リリース前には1曲65分の超大作になるという情報もありましたが、届いた音は8つのチャプターがシームレスでつながるという体裁となっており、なんとか聴き易い形にはなりました。

なんといっても一瞬ジョン・レノンかと思うほどの寂寞感漂うイントロから一気に轟音ギターが被さり、不穏な旋律からそのままブラスト・ビートになだれ込むつかみが今作の何たるかを物語っているといえるでしょう。ここでは従前のブルータル・デス色は(依然中心を占めているとはいえ)もはや曲を構成する一要素でしかなく、DREAM THEATERっぽいアレンジが幅を利かせるようになりましたが(特に"Informal Gluttony"のイントロはモロに"Home"です)、近年のDTのようにあからさまな借り物的な印象を与えないのは、偏に前作までで培われた(そしてカヴァー・アルバムでも示された)雑多な音楽要素をまとめきるアレンジの巧さゆえに他なりません。随所で突拍子もなく飛び出すカントリーやジプシー・ミュージックなどのメロウなパートも決して浮いた印象を与えず、全編に渡って緊迫感を維持し続けます。展開も相当複雑な上に10分を超えるチャプターが3つもあるため、聴き通すのに相当の集中力を要しますが、それに値するだけのアルバムといえるでしょう。かつてDREAM THEATERが過去のプログレの先達にMETALLICAをはじめとするメタル色をブチ込んでプログ・メタルを作り上げたように、今作は過去のプログ・メタルの先達に現代エクストリーム・メタル色を加えてプログ・メタルを新たな次元に進めた記念すべき1枚といえるのではないでしょうか。極論を言ってしまえば、もはやDREAM THEATERに引導を渡せるのは彼らしかいないという気にもなります。現時点では日本発売の可能性がほぼゼロに近いのが残念な気もしますが。
スポンサーサイト
arch.jpg

RATING: 8/10

前にも書きましたが、マイケル・アモットはインタビューで自らがガチガチのメタル原理主義者であることを臆することなく表明し(だからインタビュアーとも恐ろしいくらいに波長が合ってしまう)、時にファンに媚びるような発言をするところが個人的には気に入らなかったりするのですが、クリストファーの脱退~再加入を経て制作された7作目となる今作は、まさにマイケルの原理主義を集約したかのような仕上がりとなりました。

前2作ではソリッドでメカニカルなプロダクションを推し進め、「(前ヴォーカルの)ヨハン・リーヴァの影を消し去る路線を確立した」と僕は評しましたが、今作ではそこからあっさり一転して初期路線への揺り戻しが図られており、「BURNING BRIDGES」の攻撃性と「WAGES OF SIN」の洗練をミックスして今までになくキャッチーな泣きのツイン・ギターで一本筋を通した、ファンが求めるものとバンドが出そうとしている音が見事なまでに合致した、(特に日本における)メタル原理主義が許容するメロディック・デス/エクストリーム・メタルの最高峰ともいえる完成度が示されています。ここまで書くとなんだかけなしているように見えますが決してそんなことはなく、確かにメロディについては「狙い過ぎ」という声も出てきそうなほどですが、あざとさという点では1stや2ndのほうが遥かに上であり、今作の曲はすべてのメロディがあるべき位置に収まっており、素直に良いと思えます。特に"Intermezzo Liberte"はマイケルの名演のひとつといえる入魂のインストではないでしょうか。しかし個人的には、私的最高傑作の「BURNING~」の鬼気迫るテンションがいまひとつ足りないのと、先述の「ファンが求めるものとバンドが出そうとしている音が見事なまでに合致した」以上のものが表現されていなかったところに若干の物足りなさを感じました。それでも、今このバンドがBURRN!誌の表紙を飾ったというのは決して悪いことではないでしょう。
BDM_cover1.jpg

RATING: 8/10

昨年の「LOUD PARK」で壮絶極まりないライヴを披露しながら、「感じるものは何もなかった」とプロ意識のカケラもない論評で片づけられてしまったデトロイトのメロディック・デス・メタル・バンドの2年ぶりの3作目。イエテボリ・スタイルの叙情性とUSデスの肉食狂獣性を融合した前作の路線をさらにビルド・アップさせ、終始メロディアスなリフで激走しつつも全体的な質感はあくまでもドライでブルータルな印象が上回っており、ジャケットに象徴される90年代スウェッディシュ・デスへのリスペクトを大々的に表明しつつ、しっかり現代的な色合いも持ち合わせた理想的な1枚に仕上げてきました。ファストなリズムの上に立て続けにリフを詰め込み、さらにハイ・テンションなシャウトが乗っかる曲が連発されるため、曲自体はそんなに長くないのに焦点が絞り切れておらず、聴き終わった後にいま一つ印象に残りにくいという欠点もありますが、そんな中でミドル・パートを組み込むタイミングが絶妙。またライヴを観て大暴れしたいという気にさせてくれるパワーは相当なものです。ドラマーが昨年の来日時に叩いていたピエール・ラングロワから早くも元ALL THAT REMAINSのシャノン・ルーカスに交代していますが、彼も相当な凄腕。ドラマーはなかなか安定しませんが、常にハイ・レヴェルな人材を探してくる眼力ももっと評価されてもいいのではないでしょうか。
hi_ap01.jpg

昨日9月6日にアップルが第6世代となる新型iPodを発表しました。今回発表されたのはiPhoneから電話機能を取り去ったタッチスクリーン型のiPod Touch、HDD容量が一気に160GBにアップしたiPod Classic、ビデオ機能が新たに追加された新型iPod Nanoの3種です。

最大の目玉となるであろうTouchですが、アップルのサイトでデモ動画を見た限りでは相当魅力的なのですが、容量が16GBしかないのが痛すぎますね。フラッシュメモリーを使用しているから仕方ないのですが、これで従来のiPodと同じぐらいの容量を実現できていたらさぞ凄いものになったのではないでしょうか。個人的にはこれは今後のヴァージョン・アップに期待ですね。

その他の2種はマイナー・チェンジにとどめられていますが、Classicの容量が一気に倍増というのは驚きましたね。これで値段は据え置きというのだから凄いものです。全機種iTunesのカヴァー・フロー検索が導入されたことにより、曲を選ぶ楽しさはさらに広がりそうです。で、iPhoneは日本ではいつ、どこのブランドに導入されるのでしょうか。僕は海外メーカーの取り込みに最も積極的なソフトバンクになるのではないかとにらんでいますが。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。